ドクター紹介 | KUMIKO CLINIC
  1. ドクター紹介
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

DOCTOR

皆様の美容や健康をサポートする、当クリニックのドクターをご紹介します。

  • 経歴

    KUMIKO CLINIC
    院長 下島 久美子

    H12年 金沢医科大学卒業

    H13年 杏林大学第一内科入局、内科医として臨床経験を積む。

    H15年 都立病院勤務

    H18年 医療法人昭泉会 馬場病院

    H20年 都内某美容クリニックに入職し
    レーザー治療、注入療法の美容医療全般を学び美容皮膚科医としての臨床経験を積む。

    現在

    H26年 日比谷・有楽町に最新の美容医療技術を屈指し、お顔のアンチエイジングは勿論、
    ボディーの痩身・皮膚の美しさ、さらにボディーラインの美しさまでをとことん追求する

    H28年 クリニック名を「KUMIKO CLINIC」に改称

    好きな言葉:「堅忍不抜」「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
    尊敬する人:大久保利通、ココシャネル、松下幸之助
    趣   味:ピアノ、音楽鑑賞(クラシック、ジャズ)、ゴルフ

    プライベートでは、一児の母。

  • 美容皮膚科医として


    美容皮膚科医になってからはシミ、しわ、たるみといったお顔の治療を主に行ってきました。シミと一言で言ってもそれは肝斑であったり、老人性の色素斑であったり、母斑であったりと色々な色素が混在しています。その一つ一つに適応した機器と適正な出力で行わないと余計に色が濃くなったりと逆効果だったりもします。逆に的確に治療法を選択できると目に見えた確実な結果をもたらすことができます。またしわやたるみに対しては、外科的な施術は行わず、ヒアルロン酸、ボトックスといった注入治療や機器を組み合わせた治療を行ってきました。夕方になるとファンデーションが埋まってしまうような小さなしわや、大きな変化ではなく人に気づかれないような少しの変化を求めている治療にいらっしゃる方に対し、なるべく切らずに変化をもたらせる方法や勉強を日々怠らず、追求し、還元してまいりたいと思っています。

  • メディア実績


    書籍・監修実績
    [書籍監修]
    幻冬社発行「素肌美人をつくる」トータルスキンケアBOOK(著者:千堂純子)監修医
    [物販監修]
    着圧ソックス 監修医

    メディア実績
    [イベント出演]
    2015年9月 第6回 国民的美魔女コンテスト審査員として出席
    2015年4月 第2回 マリソル美女組プレミアムブロガーパーティー
    「UVの影響とケア」のトークショーに登壇
    2015年3月 マキアオンライン ビューティー☆テイスト
    「紫外線の肌に及ぼす影響~光老化~」にて登壇

    [テレビ]
    2016年6月19日 【TBS 情熱大陸】渡辺達生さんの特集にて出演
    2015年3月17日 【tv asahi OLくらぶ】出演
    2015年3月19日 【TBS Nスタ】ソプラノアイス脱毛を紹介

    [雑誌]
    2017年
    CLASSY.10月号 / 25ana10月号 / ELLE7月号 / 婦人公論 / CLASSY.4月号 / CLASSY.2月号 / CLASSY.1月号

    2016年
    HERS12月号 / 美的11月号 / 美ST11月号 / FRaU7月号 / 美ST7月号 / STORY6月号 / Domani5月号 / CLASSY.5月号 / 美ST4月号 / CLASSY.3月号 / 美ST3月号 / 美ST2月号 / 美ST1月号

    2015年
    婦人画報12月号 / 美ST12月号 / 美ST11月号 / 美ST10月号 / CLASSY.9月号 / HERS8月号 / 美ST9月号 / 美ST8月号 / マリソル7月号 / MAQUIA7月号 / CLASSY.5月号 / 美ST5月号 / 美ST4月号 / マリソル3月号 / 美ST3月号 / My Age2015Winter / 美ST2月号

    2014年
    美ST12月号 / Saita12月号

  • 私が考える美容医療


    私が患者様に提供する美容医療は、まず実際に全ての施術を自分自身で体験し効果や治療後のダウンタイム等負担がなく効果のあるものを必ず自分の肌で評価しています。その上でクリニックに導入する全ての治療は、家族にも受けさせたい治療かどうかを念頭に選択していますので、安全面や通いやすさ、リラックスして受けられるかなど不安を少しでも払拭していただけるよう心がけています。
    治療中の痛みの有無や細かい様子は自分の経験に置き換えてお話しができますので、カウンセリング時やアフターケアの場面では効果や治療後のダウンタイムの不安な時期の過ごし方など適切なお声掛けもできると思っています。そして何より女性としてはもちろん母であり主婦でもある以上、費用対効果もしっかり吟味して治療法を選択しております。ご家族やお友達にはバレたくないというようなご相談も親身にサポートさせていただければと思っています。美容皮膚科としてメスを使わない美容医療を正直に、確実に結果の出る治療を提供していければと思っております。

  • 得意な治療や施術


    KUMIKO CLINICが主軸とする治療
    その1: メスを使わない痩身治療(クール・スカルプティング)と、
    その2:ヒアルロン酸やボトックスの注入治療 

    ボディの痩身治療、
    フェイシャルの注入治療に対する当院の目指すところ

    医師としてボディの痩身治療とお顔の注入治療を行っていて、これらには共通点があることに気付きました。
    ボディの治療もお顔の治療も「ラインを作り上げていくCountouring(コントゥーリング)=立体感」が大切であるということです。余分な脂肪を削り取り、全体のボディラインを整える痩身治療の考え方と足りない部分を補いお顔全体のアライメントを整える注入治療の考え方はとてもよく似ています。そして、いずれにおいてもそのプロセスには術者である医師の審美眼と感性が強く関与してきます私が考える「美しさ」と患者様の求める「美しさ」を共有し、当院にしか提供できない独自の感性で、やりすぎないバランスの取れた美を一緒に追求していきたいと考えております。

  • 患者様から頂くお言葉


    ※アンケートより一部抜粋
    [H様36歳より]
    一見女性っぽい見た目ですが中身は男っぽくてさばさばしているので
    なんだかすごい頼りがいがあります。女性として同じ悩みを共有できるのもいいですね!

    [T様42歳より]
    とにかくカウンセリングや説明が丁寧で分かりやすいので、いつも安心しています。
    ご自身で全部体験しているということもあり、いつもいろいろと聞いてしまいますが、
    優しく接してくれて感謝しています。

  • スタッフから見た印象


    [ナースより]
    「ストイックな努力家」です。施術に関して疑問があると、徹底的に調べ上げ、
    納得がいくまで何度も何度も練習しています。(自分やスタッフの体で・・・)
    休みなく学会やセミナーなど1日に何件もはしごしていて、そんなストイックなところに
    いつも刺激をもらってます。

    [受付より]
    スタッフをとても大事にしてくれます。患者様のためにより良い治療を・・・と常に考え、勉強を怠らない先生の仕事に対する姿勢は尊敬していますしそんな姿を見ると
    「私もクリニックのためにもっと頑張ろう」と思わせてくれます。

  • 皆様へメッセージ


    健やかに美しく過ごす毎日を実現するためのお手伝いを、一人の女性として母として、時には友達または姉、妹、娘としてたくさんの皆様に心のこもった治療を提供してまいりたいと思っています。一人の医師として医学的根拠に基づいた治療で確実な変化をもたらながら、お一人お一人が目指す「理想の美」に導いていくことができればと思っています。

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778