1. 太もも
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

EXAMINATION

太ももの部分痩せ
「メリハリのある
 美しい太ももラインへ」

太ももに脂肪がつく原因

  • 「上半身は細いのに、下半身のお肉ばかりが目立つ」という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。一口に「太もも太り」と言ってもその原因は様々です。太ももが太くなる4大原因として「むくみ」「脂肪」「筋肉」「姿勢の悪さ」があります。

     

    ◇むくみ

    運動不足や冷えなどによる血行不良などにより、リンパ液や水分、老廃物が滞留して起こる現象です。下半身は上半身よりも心臓から遠い位置にあるため、血液を循環させるポンプの勢いが弱まり、リンパの流れが滞りやすくなります。

    また、重力により水分が溜まってしまうことから、下半身はむくみやすくなります。

    こういったタイプの方には血流を良くし、浮腫みにくい体質へと改善するような治療を行っていきます。

     

    ―むくみタイプの特徴―

    ☑立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢でいる事が多い

    ☑冷え性である

    ☑水分をよく摂る

    ☑冷たいものを好む

    ☑スネのあたりを5秒くらい指で押したあと、すぐ戻らない

     

     

    ◇脂肪

    脂肪太りは、太ももの肉が柔らかく、掴むとたくさんつまめるのが特徴です。脂肪が多いと、周囲の毛細血管が圧迫されて血流が悪くなるため、肌を触ると冷たく感じることがあります。脂肪が原因の場合、老廃物の排泄が行われずに溜まっていき、※セルライトになっていきます。標準体重を超えている場合は、まずは摂取カロリーを抑え、運動して消費カロリーを増やすと言った減量がまずは第一ですが、標準体重以下でも太ももだけに脂肪が多くついている場合もあります。そういった場合は部分痩せ治療をしていきます。脂肪を減らす痩身機器や脂肪溶解注射で行っていきます。

     

    ※セルライトとは…

    セルライトとは、糖質・脂質の摂りすぎや運動不足によって必要以上についた脂肪の周りに老廃物や水分が滞留して塊になったもの。セルライトは一度できると、周囲の脂肪細胞と癒着して肥大化していきます。食事制限によるダイエットなどでは解消できない厄介なものです。

     

     

    ―脂肪太りタイプの特徴―

    ☑太ももを両手で雑巾を絞るようにすると表面は凸凹してみえる

    ☑足に力を入れてもつまめる部分がたくさんある

    ☑膝周りも肉がついている

     

     

    ◇筋肉の肥大

    過去にスポーツなどで、脚の筋肉を酷使した方に多くみられます。

    不要な筋肉が更に太く強くなり、肥大している状態です。また、スポーツをやめたにも関わらず食事の量がそのままだと、脂肪と筋肉の両方の要因が絡み合ってしまうケースもあります。

    指をつまんでもあまり掴めず、硬い太ももの方はこの筋肉タイプです。

    「筋肉質のまま太い足、この上運動までしたら・・・」と危惧するところですが、運動するのが一番です。筋肉は使わないとどんどん萎縮してしまい、放っておくと代謝が下がり脂肪が燃えにくくなってしまいます。ストレッチやウォーキングなど比較的緩やかなスポーツなどの方が筋肉太りのサイズダウンには効果的です。

     

     

    ―筋肉太りタイプの特徴―

    ☑過去にスポーツをしていた

    ☑現在スポーツをしている

    ☑ヒールの高い靴をよく履く

     

    ◇姿勢・骨盤のゆがみ

    姿勢が悪いと骨盤の開きや歪みに繋がります。すると、太ももの前面や外側に大きな負担がかかっている状態が続き、その部分の筋肉や腱が硬くこわばっていきます。

    筋肉が硬くなると、血流やリンパの流れも悪くなるため、代謝が落ち、脂肪がつきやすくなるのです。つまめる脂肪には、脂肪を減らす痩身機器や脂肪溶解注射で行っていきます。血流改善や代謝を上げる痩身機器を併用する場合もあります。

     

    ―姿勢・骨盤のゆがみタイプの特徴―

    ☑靴の底が外側からすり減る(骨盤が外に開いている)

    ☑靴の底が左右片方がすり減る(骨盤が歪んでいる)

    ☑猫背である

    ☑椅子を座るときに脚を組む

    ☑真っすぐ立っていられず、どちらか一方に重心をのせてしまう

     

     

KUMIKO CLINICのこだわり

  • ボディーの痩身治療に力を入れている当院では、太ももを細かくパーツごとに分けて治療しています。例えば、内もも・外もも、ヒップ下のバナナロール、膝の上、側面です。一言で太ももと言っても、人により脂肪の付き方や付く場所は様々なので、360度見渡しどこを減らしたら美脚になるのかプロの目線で診断し、ご提案致します。

     

    <最新機器を設備>

    上記の述べたように、一言で太ももと言っても細かいパーツに分かれます。そのため当院では様々な最新の痩身機器や治療法を取り揃え、どのような症状にでも適用する体制作りにこだわいっています。

     

太ももの部分痩せの治療法

  • ただ細いだけの太ももは「美しい」とは言いがたいものがあります。外国人に見られるような、ヒップがきゅっと上がったメリハリのあるラインがある太ももをすることが、美しさの骨頂とも言えるのではないでしょうか。それには、ヒップと太ももの境目や内もも・外ももと言った広範囲の部分から、膝の上といった範囲の狭い部分まで細かくパーツに分けて治療することが必要です。

クールスカルプティング

 

クール・スカルプティングは余分な脂肪を凍らせてサイズダウンを狙う、医療痩身機器です。美しい太ももを実現するには、内ももや外もも、ヒップ下などそれぞれパーツごとに分けて適切な治療手段を用いる必要があります。そこで最適なのが、クール・スカルプティングの大きさやカーブが異なる数種類のアプリケーターです。

 

【メリット】

身体のどのライン・範囲にも適用するように作られたアプリケーターで、1回の治療で満足のいく痩身結果をもたらします。また、その効果はアメリカのFDAでも認められており、ハリウッドセレブが痩身治療の際には必ずと言っていいほど取り入れています。

 

【こんな人にオススメ!】

・ 太もものむっちりした脂肪が気になるなど

・  ヒップ下と太ももの境目にある脂肪を撃退したい

・  膝の上にあるポコっとした脂肪をなんとかしたい

 

>>クール・スカルプティング詳細ページ

サーマボディ

 

強力な高周波で引き締め効果と繊維芽細胞の増加を促し肌質の改善を実現するサーマボディは、垂れ下がったヒップラインへのリフトアップに有効な治療法です。クール・スカルプティングなどの痩身機器で脂肪を減らした後に行なうことで、メリハリのあるボディラインを実現します。

 

【メリット】

その効果は、1度の治療で約6か月〜1年持続するため定期的なメンテナンスが必要ありません。

 

【こんな人にオススメ!】

・  ヒップラインのたるみが気になる方

 

>>サーマボディ詳細ぺージ

ヴィーナスレガシー

 

ヴィーナスレガシーは、マルチポーラー式RFとパルス電磁場の2種類の周波を組み合わせたマシーンで、痛みを伴わない部分痩せが実現します。皮下組織の深くまで素早く均一に加熱すつと同時に、世界初のパルス・エア・ドレナージュ機能により、リンパドレナージュを促進します。脂肪細胞の縮小だけでなく、肌に弾力が増すことでハリ・ツヤといった肌質改善にも効果があります。

 

【メリット】

ヴィーナスレガシーは血管新生(血管を新しく作り出す)を促す為、血流を良くし、浮腫みを改善する効果もあります。脚が太く見える原因は脂肪だけではなく水分の貯留も関係があります。繰り返し行う事で浮腫みにくい体質へと変えていきます。

施術中は痛みは一切感じず、ダウンタイムも一切ありません。

 

【こんな人にオススメ!】

・  セルライトを改善したい方

・  浮腫みやすい方

・  全体的に脂肪減少を狙いたい方

 

>>ヴィーナスレガシー詳細ページ

脂肪溶解注射(メソセラピー)

 

脂肪細胞を溶解する薬剤が入った注射で痩せたい部分へ直接的にアプローチします。当院の脂肪溶解注射は従来の痛みや腫れといったデメリットを軽減したオリジナルカクテルです。

 

【メリット】

太ももの中でも特に膝の上や側面など、範囲が狭くぽこっと突出した部分などの脂肪に対して直接的に薬剤を届けることで即効性を狙います。

 

【こんな人にオススメ!】

・  痩身機器との組み合わせて確実に細くなりたい人へ

・  外ももや膝の上のぽこっとした脂肪の改善へ

 

>>脂肪溶解注射(メソセラピー)の詳細ページ

ダイエット点滴・サプリメント

痩身機器や脂肪溶解注射などの効果をサポートする役割を果たすダイエット点滴や医療用ダイエットサプリメントは、患者様お一人お一人の症状に合わせて処方しています。

 

【メリット】

サノレックスやゼニカル、BBXは医療機関専売品であるため、即効性のある高い効果で体内から痩身効果をサポートします。

 

【こんな人にオススメ!】

・  痩身治療の効果を高めたい方

・  代謝をよくしたい方

・  確実に痩せたい方

 

>>ダイエット点滴詳細ページ

>>ダイエットサプリ詳細ページ

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:11:00〜19:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778