1. ボトックス
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

「ボトックス注射について」表情ジワほうれい線たるみエラのハリふくらはぎボトックスとは?適応部位、症例写真など細かく解説します

ボトックス注射とは少し難しい言葉で説明すると
「ボツリヌス菌により産生されるA型ボツリヌス毒素を有効成分とする筋弛緩作用のある注射」です。
「毒素」というと怖いイメージを持つかもしれませんが、
無毒化して人体に問題ないように処理されていますので全く心配要りません。

先の説明をもう少し簡単に言い表すと、ボトックス注射の作用は
注射した部位の筋肉の動きを弱めるといった作用が主です。
故に、筋肉が動いて出現する表情ジワによく効いてきます。
局所に打ったからと言って全身の筋肉に効くわけではなくその部分だけに効いてきます。
表情ジワ以外には、エラを小さくしたり、ふくらはぎを細くしたりといった目的にも
使用されます。

それでは、どんな部位に適応か、そして実際の症例を見てきましょう。
後半ではボトックスを使用した応用編の治療もご紹介します。

適応部位

まずはボトックス注射の適応部位から見ていきましょう。
お顔の中で特に効果的な部位を示しています。

  • 額のシワ
  • 眉間のシワ
  • 目周りのシワ
  • 唇の縦シワ
  • 顎の梅干しシワ
  • 目をパッチリさせる
  • エラを細くする
  • 口角を上げる

眉毛を上げた時の額の横しわ、怒ったり眉をひそめた時の眉間のシワ、笑った時の目尻や目の下のシワ、口をすぼめた時の縦シワ、顎の梅干しシワ、また目元に打つことで目を大きく見せたり、不満気に見える下がった口角をあげたり、エラを細くしたりといった効果があります。表情ジワのボトックスは注射後1~2週間で効き始め、効果は約3~4か月位です。次に使用するボトックス製剤の種類をご紹介します。

国内唯一の承認品「ボトックスビスタ」

ボトックス製剤は、色々な国でまた色々なメーカーから発売されていますのでクリニックによっても使用している製剤の種類は様々です、当院では国内唯一の承認品のアラガン社のボトックスビスタを使用しております。承認品ならではの管理体制で安全性が保障され安心してご使用いただけます。それでは、実際にボトックスビスタを使用した症例を見ていきましょう。
症例チェック!

額のしわ

驚いた時など、とっさに眉毛を上げる動きをすると額に横しわが入ります。こういった動かしたときにだけ入る「表情しわ」にはボトックスがよく効きます。動かしても動かさなくて関係なくシワが刻まれてしまっている場合はヒアルロン酸の適応となります。

ボトックス施術前
ボトックス施術後

ボトックスが効いてくると、眉毛を上げてもシワが寄らかなくなります。また皮膚がぴんと張ってツヤのある肌へと変化します

眉間のシワ、目回りの小じわ、鼻の横シワや
斜めのシワ

怒った時や困った時など、眉をひそめた時に入る眉間の縦シワ。鼻に向かってタテや斜めにはるウサギの様なシワ(バニーライン)にはボトックス が良く効きます。

ボトックス施術前
ボトックス施術後

ボトックスが効いてくると、眉間にしわが寄らなくなり、鼻や目の間、目周りの細かなシワが寄らなくなりました。またぴんと張った肌質でツヤが出ます。

目じりのしわ

笑った時に目じりに放射状に入るカラスのシワにはボトックスがよく効きます。

ボトックス施術前
ボトックス施術後

ボトックス注入後、目を細めても目じりにシワが寄らなくなりました

ボトックスはこういった「表情じわ」にとってもよく効いてきます。またボトックスを打つとその部分の肌質も変わり、ツヤ肌、毛穴レス肌へと変わります!次はボトックスの応用編「マイクロボトックスリフト」や「美脚ボトックス」「えらボトックス」について解説します。

応用編1
~マイクロボトックスリフトについて~

「マイクロボトックスリフト」という言葉をご存知でしょうか?
当院では開院以来人気の治療で受けた方の9割以上はリピートする治療です。
施設ごとに呼び名も異なり「ボトックスリフト」や「メソボトックス」「マイクロボトックス」とも呼ばれています。

従来のボトックス注射との違いは注射する深さと量です。
表情ジワを止める方法は直接その原因となる筋肉にボトックスを注射しますが、マイクロボトックスリフトではもっと浅い層、厳密には真皮内にボトックスを注射します。また量も濃度を変えて浅く広く打っていきます。
ボトックスを打ってなぜリフトアップするかというその理由を以下に説明します。

マイクロボトックスリフトの原理

図の様に、顔面の筋肉には顔を上向きに引き上げる「挙筋」と下向きに引き下げる「下制筋」が存在します。マイクロボトックスリフトではこの下制筋全体に浅く広くボトックスを打つことで、下制筋の力を弱め相対的に挙筋の力が強くなる事で、お顔が引き上がるという仕組みです。

またマイクロボトックスリフトの更に嬉しい効果は、毛穴の引き締め、皮脂の分泌を抑えるといった効果があるため化粧崩れも抑えられます。そしてピンと張ったツヤのある肌質へと仕上がります。
更に表情筋にも緩やかに拡散するためマイルドに表情ジワを抑えることもできます。しっかりシワを止めたいところは筋層へ、マイルドにシワを止めたいところはマイクロで調節しながら打っていきます。

効果が出るのは、注射後2~4週間位経過してからです。持続期間は約4~6か月位です。
症例チェック!

ほうれい線、口周りのたるみ、
フェイスラインのもたつき

40代女性。ほうれい線、口周りのたるみ、フェイスラインのもたつきが気になりマイクロボトックスリフトを行いました。

ボトックス施術前
ボトックス施術後

施術後2週間経過した時点で頬や口周りのよれっとしたタルミが改善しフェイスラインもスッキリしました

応用編2
~えらボトックスについて~

お顔の中でも最も大きな筋肉である「咬筋」。その名の通りモノを咬む時に使う筋肉です。
この咬筋が発達しているとえらが張って、お顔が大きく見える原因になります。
別名「小顔ボトックス」とも言われています。
咬筋にボトックスを打ち筋線維が萎縮(廃用性萎縮)する事でサイズダウンします。
廃用性萎縮はゆっくりと進みますので、効果が現れるのは注入後1か月位してからです。
持続期間は約4~6か月位です。3回位打つと、戻りにくくなります。
症例チェック!

エラのハリ

50代女性。エラのハリを気にして咬筋にボトックスを打ちました。

ボトックス施術前
ボトックス施術1ヶ月後
ボトックス施術2ヶ月後

1か月後よりエラの張りが改善しお顔が小さくなってきました。更に1か月経過した時点で更に小顔になってきています。

応用編3
~美脚ボトックスについて~

「美脚ボトックス」とはふくらはぎボトックスの事で、ふくらはぎを細くする効果があります。
ふくらはぎを構成する腓腹筋にボトックスを打つことで、
筋線維を徐々に萎縮させ(廃用性萎縮)サイズダウンさせます。
1回の治療でも効果を発揮する場合もありますが、3回位打つとより確実な効果が持続します。
注射後1か月ごろから効果が出現します。
症例チェック!

張り出した筋肉

元々細身の方で、決してふくらはぎも太いわけではなかったのですが、ヒールを履いた時に太く見えるのを気にしてスカートが履けないとのお悩みに対し、ふくらはぎにボトックスを打ちました。

ボトックス施術前
ボトックス施後

爪先立ちした時に、太く張り出していた筋肉の膨らみが改善しました

脚の凸凹

韓国で2回ふくらはぎにボトックスを打ち細くはなったのですが、凹凸が気になるとの事で、凹凸を無くすようにデザインしボトックスを打ちました

ボトックス施術前
ボトックス施後

全体的に細くなったのと、凹凸が改善し滑らかな局面になりました

─ KUMIKO CLINIC流 ボトックス ─

表情を保ちつつ、今より少しシワ
を薄くしたい位の仕上がりが自然で美しい

ボトックス注射は「怖い」というイメージを持たれる方が多いのですが、上手に使うとこんなに簡単に劇的な効果を起こす治療はありません。
「表情がなくなる」「顔が固まってしまう」など、そんな噂もありますが、決してそんな事はありません。注射する部位も大切ですが、最も大切なのは「打つ量」です。
私も過去に、教科書通りの量を額に打って、額が重くなり辛い思いをしたことがあります。それからは「足りないくらいが調度良い」位の仕上がりを目安に「足りなければ足せば良い」という考えでボトックスを打つようになりました。

笑ったり、怒ったりといった表情もまたその方の美しさを左右する上での大事な要素です。表情を保ちつつ、今より少しシワを薄くしたい位の仕上がりが自然で美しいかなと考えます。

ボトックス注射は予防的な意味合いでも非常に重要です

また、ボトックス注射は予防的な意味合いでも非常に重要です。
ボトックスを打ち表情による癖をゆるくしておくことで皮膚にシワが刻まれていくのを防ぐことができます。シワが完成されてから治療するよりもシワにならない努力をする方がずっと賢明です。ふくらはぎやエラ、そして当院の治療のマイクロボトックスリフトなど治療のバリエーションも豊富です。上手に取り入れて美容賢者になりましょう!
アラガン社認定ヒアルロン酸・ボトックス注入指導医
私自身、アラガン社ボトックス・ヒアルロン酸注入指導医として美容医療に関わらせてもらっています。美容クリニックの現場での情報交換や指導を行いながら、また美容先進国の新たな情報にいち早く触れる環境に身を置きながら常に情報をアップデートし、技術をブラッシュアップし患者様へと還元できるよう心がけています。
Read more
ヒアルロン酸・ボトックスのQ&A

いったい何が違うの?何ができるの?

ヒアルロン酸の詳細ページはコチラ

ヒアルロン酸とは? 適応部位、症例写真など細かく解説

KUMIKO CLINIC

KUMIKO CLINICの信条

当院が皆様にお約束できることとして、以下の3つの信条を掲げます。

  1. 特別な人だけが受ける特別な医療ではなく、誰でも気軽に受けられる美容医療を提供すること
  2. 必要な医療とそうでない医療を適切に判断し「自分の家族にもうけさせたい美容医療」を提供すること
  3. 医学的根拠に基づいた、結果の出る美容医療を真摯に届けていくこと

KUMIKO CLINICにご来院いただいた全ての方が満足いただけるようスタッフ一同これからも精進して参ります。

今後もお気軽に足を運んでいただけましたら幸いです。

すべては患者様の
トータルビューティーのために
年齢を重ねたからこそ勝ち得る、成熟した精神が宿るボディと
その方の生き様を反映するお顔立ちがより健やかに美しいものであって欲しい、
そんな願いを込めて女性同士だからこそ共感できる悩み、共有できる感性を
大切に一緒に「美」を追求していけたらと思っております。
お顔からお身体まで、一緒に「健やかな美」を追求していきましょう。

クミコクリニック 院長 下島 久美子

【お問い合わせ先】 美容皮膚科|KUMIKO CLINIC 診療日時: 10:00~18:00 (水・日・祝は休診) TEL:0120-001-935 / FAX 03-6206-6778
メールアドレス:contact@kumiko.clinic

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778