1. 糸リフト・スレッドリフト
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

EXAMINATION

初めての糸リフト、やっぱり糸リフト
たるみを予防し
美しい輪郭へ形を変える!

私の考える糸リフト「リフトアップだけじゃない、美しく輪郭を矯正する小顔治療」

 

当院で糸リフトを始めたきっかけとは?私の体験談

当院で糸リフトを始めよう!と考えた、そのきっかけは、たまたま自撮りしたこの写真です。

 

「そういえば、最近糸入れてるんだ、私の顔どんな感じに変化してるんだろう?」と、たまたま撮った自撮り写真がきっかけでした。あれ?若返ったんじゃない!?と自分でも驚きました。糸リフトの効果は、直後のみならず後からぐいぐいとその効果を実感する治療です。繰り返し行う事で、たるまない頑強な顔の構造を作る事ができます。つまり、手を加えなくても崩れない構造へ変えていく事ができるのです。更に言い換えると、ある程度出来上がれば、手を変え品を変え美容医療を施さなくても良い状態を維持しやすくなるという事です。その理由は、糸の張力に頼るリフトアップ効果もさながら、糸の周囲に造成されるコラーゲン線維により内側の構造がたるみにくい構造へと変化します。(ベッドに例えるとマットレスの中のスプリングが沢山あればあるほど、弾力のある型崩れしない形状になりますよね。建物の基礎工事で沢山杭を打つとより安定するのと同じような考え方でしょうか。)そしてコラーゲンの増生と共に肌にハリが出現し、細かなシワが気にならなくなっていきます。こんな効果を我が身で感じ、当院でも糸リフトを行う事となりました。最初は、リピーター様限定のメニューとして行っていました。沢山の方々に経験して頂く中で“糸気にはなっていたけど怖い。でもやってみたい”とそこに一歩踏み込めない潜在するニーズが多くあると感じ、そして“怖くない治療”であることを私の経験を元に伝えられたらと感じこの度新しく当院のメニューに加わることとなりました。

 

 

繰り返し入れることで、より高く長く続く効果を実感

冒頭の写真は3回糸リフトを行っています。初めて糸を入れた時はそのリフトアップ効果よりまず輪郭を矯正する力に驚きました。そして回を追うごとに口周りのたるみや小じわ等のエイジングのサインが消失し、たるみの改善を実感していきました。その辺の経過を少し詳しく見ていきます。

 

1回の効果と3回後の効果を評価・検証!

1回目の糸リフト後経過写真>

 

白で囲んでいる丸の部分頬のトップの位置が少し上がり、顔の側面の輪郭が滑らかになりました。黄色い丸で囲んだ口周りのエイジングのサイン(ほうれい線、小じわ)も解消しています。

 

3回糸リフト終了後の経過写真>

 

リフトアップし重心が上方へ移動、口周りの細かなしわやたるみが改善し全体にハリが出て肌のヨレ感が解消しました。そして輪郭がスムースになりオーバルフェイスに近づいたのと、縦方向、横方向への小顔効果が現れてきたように思えます。

 

1回目~3回目の経過写真>

 

繰り返し行うことで全体に引き締まっていくのがお分かり頂けるでしょうか。

 

更に2021年に入りもう一回行い、4回目の経過写真です(追記:2021年5月1日)

 

 

4回目終わって、3~4か月後の経過です。4回に分けてトータル20本位入っています。やはり初回から比べると輪郭の形が大きく変わり全体に引き締まってきました。今ではハイフシャワーをたまに照射する程度ですがフェイスラインが崩れにくくなたなぁと自覚している今日この頃です。

 

 

 

下垂した脂肪を持ち上げて、瞬時に輪郭を矯正。美しい輪郭は美人の第一歩!

前述した通り、糸の為せる一番の業はその即効性のある輪郭矯正効果です。それは“自前の脂肪を移動させて輪郭を矯正できる”これは糸のみがなせる業です。下の写真は、糸リフト後翌日の写真。翌日から顔の側面の輪郭が大きく変わっています。(翌日は腫れもあるので全体的に丸く見えますが数日で落ち着きます)

 

加齢と共に頬がコケ、頬骨が張り出し輪郭は凸凹としてきます。凹みを矯正する術は当院ではヒアルロン酸注入がメインでしたが、口周りにたまった脂肪(下垂した自前の脂肪)でそれができたらそれに越したことはない!と当たり前の事に我が身をもって気づきました。つまり加齢と共に下垂した脂肪の位置を糸で元に戻すことで、その場で凸凹を矯正し美しい輪郭へと作り直すことができるのです。第一印象は、0.9秒で決まると言われています。その際にまず目に飛び込むのは輪郭。パーツの美しさではありません。輪郭の矯正は美人の第一歩です。(ボリュームロスが強い方はヒアルロン酸注入が適応になります。その辺はカウンセリングの際に決めていきます)

こんな方におススメ

  • 口周りのたるみ(マリオネットライン等)が気になる方
  • 頬(外側)がこけている方
  • 年齢と共に顔が長くなってきたなぁと感じている方
  • 小顔になりたい方
  • 注入系や器械系のたるみ治療で改善しなかった方
  • 肌にハリを出したい方

この施術ができること

  • リフトアップ(口周りのもたつきを改善)
  • 口周りに溜まった脂肪を移動し頬のコケを解消
  • 頬の重心を上げる
  • 小顔効果(縦方向横方向への小顔効果)

ダウンタイムは?

  • 普段診療をしていて感じるのは、糸リフトに対して皆さん多少なりハードルを感じているという事です。その理由はダウンタイムが注入系や器械系の他の治療より大きいという点です。ここではダウンタイムでよく心配される「ひきつれ」「腫れ」「痛み」について詳しく解説していきます。

「ひきつれ」について

「ひきつれ」というのが、どの様な状態かと言うと下段の写真。ピンクの○で囲んである浅い凹みがひきつれとよんでいるものです。施術直後から出現しますがこの程度のひきつれでしたら、自然経過で馴染み目立たなくなります。(下段写真:左施術直後、右10日後)

 

この「ひきつれ」というものは、起きても問題なく、逆に直後はこれ位のひきつれがあった方がよりリフト効果が高く長く続きます。糸を入れて皮下組織に引っ掛かりを作り引っ張り上げる治療ですから当然ひきつれは生じます。それが表面から見て目立つかどうかは、その方の皮膚や脂肪の厚みにもよります。軽いひきつれでしたら上記の写真のように自然経過でなくなりますので心配要りません。どうしても気になるという場合は、用手的に整える事で目立たなくなります。(下段写真参考)

 

(左:糸挿入直後、右:用手的にひきつれを解除した直後)

「腫れ」について

術後1週間位は全体に腫れが出現します。人前に出れないほどの腫れではありませんが施術前より丸みが感じられます。

(左:施術前 右:施術直後)

直後の写真は、全体的に丸みがあり、顔の横幅が大きくなった様に感じるかと思いますがこれには2つの理由があります。糸を挿入したという施術に対しての腫れ(浮腫み)と脂肪を下から上に持ち上げた事により丸みが上方へ移動し顔の横幅が大きくなって様に見えるからです。これは一時的で自然に落ち着いていきます。

 

(左端:施術前 左から2番目:施術直後 3番目:施術翌日 4番目:施術1週間後 5番目:一か月後)

 

写真の様に、この「腫れ」は徐々に消失し1週間位で気にならなくなる方がほとんどで1か月後により引き締まっていきます。

「痛み」について

施術の際は、糸の刺入部に局所麻酔をします。施術中の痛みの程度は個人差が大きく施設によっては全身麻酔を行うところもあります。しかし当院では糸挿入後起き上がった状態で鏡をお見せしながら糸の引っ張り具合を調整したりディンプルの調整を行ったりするので全身麻酔で意識を落とすような処置は行いません。術後は糸が入っている違和感やチクチクする感じが1週間程続きます。口を大きく開けたり挿入部分を抑えると痛みを感じる場合もあります。痛みの程度は自然経過で軽減しますが、どうしても心配な方は鎮痛剤をお出ししています。

 

どんな糸を入れるの?

  • 当院では「ボブリフト」と「テスリフト」というフローティングタイプの吸収糸を使用しています。それぞれ原材料や構造が異なるため、当然仕上がりも異なります。その方の皮膚の厚み、皮下脂肪の厚み、たるみの程度によって使用する糸をアレンジします。

     

    【ボブリフト】

    VOVリフト・プレミアムの素材はPCL(ポリカプロラクトン)で、体内で完全に分解され、吸収されます。PCLは、FDA及びCEで承認されている安全な素材です。また、PCLは、優れたコラーゲン新生作用があり、コラーゲン生成を促進します。PCLは、吸収される期間が24ヶ月以上と最も長い吸収糸です。

     

    【テスリフト】

    PDOを素材とし持続期間は8~12か月位です。テスリフトは吸収される過程で脂肪萎縮効果があるため口周りや脂肪の重さでたるみやすい部分などはテスリフトを使用します。

    例えば口周りの脂肪が溜まりやすい部位にはテスリフトを挿入し、脂肪萎縮効果は狙わずリフト効果だけ欲しい部位はボブリフトを挿入するといった具合にどの糸をそのベクトルに入れるか等もカウンセリングやデザインの際に一緒に決めていきます。

繰り返すことで足し算の効果が現れます!

私自身が糸リフトを経験して感じた正直な感想は、世の中の一回の糸リフトに対する期待値が高すぎるのかなという感想でした。言い換えると「一回で指で引っ張ったような効果が出る」そんな治療ではありません。それまでの診療の場でも“糸やったことあるんですけどすぐ戻りました”とか“期待していた割にいまいち効果がよく分かりませんでした”という声を耳にしたことはあります。勿論、一回の治療でも施術前より明らかな効果は出ますが、一回では少し戻りが出ます。しかし糸を繰り返し挿入するとその効果が足し算に増えていき強固に持続することを感じました。その効果は少し他の治療とは違うインパクトでした。輪郭はより崩れにくくなり冒頭の3回終了後の写真と1回終了後の写真を比べると、顔全体の幅、長さ共にギュギュっと引き締まって小顔になっているのがお分かり頂けるかと思います。また、糸が吸収される過程でコラーゲンが増生され肌にハリが出でシワっぽさが気にならなくなってきました。たるみに対しハイフ等を繰り返し照射するように、同じ感覚で、数か月おきに糸を入れるそんな使い方が良いのではと感じました。

 

 

その本数は一回で沢山入れるのではなく少ない本数をちょこちょこ足すのもありです。最初の2~3回、3~6か月おきに入れた後は間隔を開けて年に一回ペースでも維持できます。私の場合2020年の1月に一回目の糸を入れました。その後は最初の6か月で3回(勉強会も兼ねてなので間隔は短いです)、その4か月後に1回行い一年を過ごしました。その間はハイフシャワーなど軽めのたるみ予防をたまに行う程度で現状キープできています。取り入れ方としてはヒアルロン酸やハイフで行っていたたるみ治療の新たな一手として糸リフトを選択肢に挙げて頂ければと思います。美容医療には、その場で変化を出す即効性のある治療と、じわじわと効果が出る貯金になる様な治療がありますが、糸はその両方の要素を兼ね備えた治療かと思います。私自身のそんな考えもあり、当院の治療費の設定はマイレージの様に、当院で入れた糸の本数が蓄積されると割引率が上がるというシステムになっています。勿論、お顔の状態によって、今糸リフトが有効か、ヒアルロン酸の方が効果が高いか、あるいはハイフか、適する治療は状態によって異なります。そこはカウンセリングによって決定しますので、まずは一度お顔の状態(形・ボリューム感)を見せて頂ければと思います。

 

症例写真

施術前と施術後の写真を初紹介しています。

20代後半。1回目糸リフト10日後6本刺入。口周りがすっきりし顎のラインがVになりました。この時点ではまだ少し腫れや軽い引きつれが残りますが自然に消失していきます。

20代後半。1回目糸リフト10日後6本刺入。口角横のたまりが解消しフェイスラインがすっきりとしました。

20代後半。1回目糸リフト10日後6本刺入。口角横のたまりが解消しフェイスラインがすっきりとしました。

40代。2回目糸リフト3か月後。1回目4本2回目6本刺入。口周りの重さが解消しフェイスラインがよりシャープになりました。

40代。2回目糸リフト3か月後。1回目4本2回目6本刺入。口周りの重さが解消しフェイスラインがよりシャープになりました。

40代。2回目糸リフト3か月後。1回目4本2回目6本刺入。口周りの重さが解消しフェイスラインがよりシャープになりました。

50代。1回目糸リフト1か月後。6本刺入。元々エイジングのサイン(マリオネットライン等)がなくリフト感の改善は大きくありませんが、全体にきゅっと引き締まりました。

治療の流れ

  • STEP 1

    カウンセリング

    まずは糸リフトが適応になるかを診ていきます。他のたるみ治療が適しているかどうかや術前に余分な脂肪のコントロールが必要かどうかなども診ていきます。

  • STEP 2

    術前のデザイン

    糸を入れる方向はその方のたるみの具合、凸凹の具合によって異なります。左右差の程度もこの時に細かくチェックし必要な本数を決めていきます。

  • STEP 3

    消毒

    糸を刺入する周囲を消毒します。

  • STEP 4

    麻酔

    糸を刺入する入り口の部分に局所麻酔をします。

  • STEP 5

    糸刺入

    実際に糸を入れていきます。左右4~6本で5分~10分位です。

  • STEP 6

    調整

    糸刺入後、起き上がった状態で一緒に鏡を見て調整します。この時に、引き上がり具合やディンプル(凹み)やひきつれの有無や程度をチェックします。

  • STEP 7

    終了

    糸をカットし刺入部に軟膏処置をしテープで保護して終了です。メイクは翌日よりOKです。所要時間は全部で20分~30分位です。

糸リフトと相性の良い治療

糸リフトと相性の良い組み合わせ治療はクラツーα(脂肪冷却)と小顔ボトックス、ヒアルロン酸注入、ハイフシャワーです。これらは糸の前あるいは後で行うとより相乗効果が高く仕上がりが変わってきます。

 

<クラツーα(脂肪冷却)>糸リフトがおススメ!

前述のとおり、糸は下垂した脂肪の位置移動を起こします。この時口周りに溜まった脂肪が程よい量であればリフトさせた時に程よいボリュームが上方へ移動しバランス良くなりますが、口周りの脂肪が多すぎるとたるみは改善しても、過剰な脂肪により顔の横幅が大きく丸くなったように感じます。予め顔面の下の方の脂肪を減らした後に糸リフトを行うとすっきりと美しい輪郭の小顔へ仕上がります。

 

 

 

 

<小顔ボトックス(咬筋ボトックス)>糸リフトがおススメ!

咬筋の張り出しが強く顔の横幅が大きく見えている方は、糸リフト前に咬筋のボリュームを減らしお顔全体をサイズダウンした後に糸リフトを行うと小顔効果が確実に高まります。

 

<ヒアルロン酸注入>タイミングは要相談

糸リフトで改善できる部分は中顔面~下顔面です。細かみや額、またゴルゴラインやほうれい線の鼻翼基部辺り(鼻横部分)はヒアルロン酸注入がオススメです。糸前に行うか後に行うかはお顔のたるみ具合で決めていきます。

 

<ウルトラフォーマIII>タイミングは要相談

ウルトラフォーマIIIは色々な層に熱を入れて引き締めていく治療です。浅く熱を入れるハイフシャワーと深めに熱をいれるメニューがあります。糸リフト後一か月位のタイミングでハイフシャワーを行うと、深い層を糸で引き上げた後ハイフシャワーで浅い層を引き締めるためより効果が高まります。深い層を行うタイミングはお顔のたるみ具合を見て決めていきます。

                                    

                      

FAQ

  • 全て開く
  • 全て閉じる
Q 糸治療後に何か注意する事はありますか?
A 治療後1ヶ月は顔のマッサージは控えてください。治療後1週間程度は口を大きく開けたりすると糸が外れやすくなりますので注意してください。
Q お化粧はいつから可能ですか?
A 翌日から可能です。強く擦らない様にしてください。
Q 他の治療はいつから可能ですか?
A 治療内容によって併用時期は異なります。お考えの治療がありましたらクリニックまでお問い合わせください。

糸リフト施術料金

種類本数料金(1本あたり)
ボブリフト1~8本目¥55,000
9~16本目¥44,000
17本目~¥33,000
テスリフト1~4本目¥66,000
5~8本目¥55,000
9本目~¥44,000

※上記は全て税込価格です。
※初診料又は再診料が別途必要となります。
※麻酔代、針代が別途必要となります。
※当院では医療ローンは取り扱っておりません。

CATEGORY

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778