クールスカルプティングで太もも痩せ★特別編★ | 東京 日比谷・KUMIKO CLINIC
  1. クールスカルプティングで太もも痩せ★特別編★
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

クールスカルプティングで太もも痩せ★特別編★

2018-02-10 10:30:58

皆様こんにちは

 

2月になってクールスカルプティングが大人気です

 

夏までに痩せるには2~3か月前には治療を開始した方が確実ですので皆様その辺を知ってか

 

2月末までは、クールスカルプティングの予約はほぼ埋まってしまっておりますが

 

1か所、2か所の少ない箇所でしたらご案内できる日もあるかもですので受付までお問い合わせください

 

複数個所一気に仕上げたい方は、早めのご予約をおススメします

 

 

さて、本日はそんなクールスカルプティングで太もも痩せを行った症例のご紹介です

 

実は以前にもご紹介した症例なのですが、以前にUPしたこのブログなぜかとっても反響がありまして

 

そこで、今日は症例紹介に加え更に詳しくクールスカルプティングの事を書き加えたものをUPします(ので、ちょっと長いです・・・見覚えがある方も再度お付き合いくださいませ)

 

 

 

という訳で、まずはクールスカルプティングをご存知ない方のためにクールスカルプティングとは何ぞやの説明から致します

 

クールスカルプティングは「切らない脂肪吸引」と呼ばれ、器械で行う部分痩せ治療です

 

器械をあてたところの脂肪だけを破壊しますので、気になるところだけを部分痩せさせることが可能です

 

痩身機器は大きく分けて、加温系(温めて脂肪を破壊する)タイプと冷却系(冷やして脂肪を破壊するタイプ)に分かれますが、クールスカルプティングは冷却系の代表格です

 

照射した部分の脂肪はシャーベット状に破壊され、アポトーシスと言う状態になります

 

アポトーシスとは細胞が自ら死滅(自然死)する状態の事です

 

死滅!?というとちょっと怖いかもしれませんが、脂肪細胞は他の組織(血管や筋肉)よりも高い温度で冷却溶解されるので脂肪以外の組織にはダメージを与えません

 

破壊された脂肪はゆっくりと尿や便中に排出され2~3か月かけてサイズダウンしていきます

 

理論上は2~3か月結果が出るので待ち遠しく感じるようですが、実際は1か月後位から「減り」を感じ始めます

 

一回の照射で、その部位の20~30%の脂肪細胞が破壊され、一度破壊された脂肪細胞は元に戻りません

 

大幅な体重の増加がない限りリバウンドの可能性は極力低いです

 

大幅に体重が増えた場合は、破壊されていない残りの脂肪が膨らんだり、脂肪細胞の数自体が増えたりしますので効果を維持したい方は暴飲暴食に注意し体重も増えすぎないようにしてくださいね

 

クールスカルプティングはダイエットや運動ではなかなか落ちにくい背中や腰、二の腕、太ももなどにオススメです

 

 

 

ではでは、症例のご紹介です

 

 講演でも使用しているスライドより抜粋です

 

クールスカルプティングの症例写真をもっと見たい方はコチラ 

 

 

 

太ももで使用するアプリケーターは、内モモがクールフィット、外モモがクールスムースプロ

 

バナナロールがクールカーブといったこの3つのアプリケーターを部位ごとに使い分けます

 

 

クールスカプティングにはさまざまな形、大きさのアプリケーターがあり

 

脂肪の大きさや形によって変えていきます

 

因みにこれだけたくさんのアプリケーターがあるんですよ

 

 

で、話をもどしますが太もものクールスカルプティング、まずはどこから行うかは勿論気になる部位からで構いません

 

太もも全体を細くするには、上記3つの部位(外もも、内もも、バナナロール)はマストです

 

上記3つの部位が皆様どなたも脂肪が多くつきやすい場所です

 

これらの部位の脂肪を無くした後で、前ももや膝にのっかる脂肪などより突き詰めていきます

 

その辺の治療プランは経過を見ながら一緒に立てていきますのでご安心くださいませ

 

ちなみに治療風景はこんな感じ↓

 

外もも装着

 

バナナロール装着

 

内もも装着

 

この写真は、モデルさんと綺麗な感じで撮っていますが(笑)

 

実際は、ぐいぐい脂肪をつかみながら、あの手この手いろんな体勢で行っていきます

 

日本人は下半身太りが多いせいか太もも痩せはかなり多いニーズです

 

その一方で、私の経験からですが太ももは最も結果を出すのが難しい部位かと思います

 

理由は恐らく、下肢は浮腫みも生じやすく、他の部位に比べセルライトも多く脂肪以外の要素でボディラインが影響受けてしまうからかもです

 

 とは言え、確実に脂肪を破壊するクールスカルプティングなら、脂肪の要素が多い方でしたら、やれば結果は出ますのでご安心を

 

しつこく、徹底的にやっつけていきましょう~!

 

目指せ美脚

 

 

こういった機器を使用した痩身治療の最大のメリットは、何といってもダウンタイムが小さいところです

 

脂肪吸引の場合、1回でたくさんの脂肪をとることは可能ですが、術後の内出血や痛み、浮腫みなど出現し、また術者によってだいぶ結果が変わってきます(上手な先生が行うと、仕上がりは勿論ですがそういったダウンタイムも少なく済む様です)

 

機器を使用した痩身治療は、そういった事が一切ありませんので、安心して安全に痩せられるのが最大のメリットです

 

勿論脂肪吸引程、たくさんの脂肪を一気にとることはできませんので、回数は何回かかかります

 

当院にお通いの患者様のサイズ感で言いますと、クールスカルプティングの場合は一回でも結果はでますが、同じ部位2回位行うとより満足いく結果が出てきます

 

世界的に見てクールスカルプティングは500万症例を超えるメジャーな痩身機器です

 

世界では5000以上のクリニックに導入されており、日本でも60台近く医療機関に導入されています

 

中でも当院は、いち早く2台体制で行うデュアルスカルプティングを取り入れ、治療箇所はもうすぐ2000カ所以上に到達し、自画自賛ですが経験値は豊富です

 

2台同時にできるメリットは、何といっても治療時間の短縮です

 

両方一気に治療して最短で35分で完結します!ので遠方からの患者様も、同日に10カ所12カ所と複数箇所行っていかれます

 

 

因みに2台同時のデュアルスカルプティングの施術風景はこんな感じ↓

 

バナナロール(治療時間35分)

 

両外もも(治療時間75分)

 

両内もも(治療時間35分)

 

治療中は最初の10分は冷たい感じを強く感じますがとその後は慣れていきます

 

ほとんどの方が治療中は寝てたり(私も毎回爆睡)、スマホをいじったり、読書したり・・・な感じです

 

治療後の状態は、術後必ず出現するのが「赤み」です

 

赤みの感じは因みにこちら↓バナナロールを行った例です

 

(因みにこの方、ヒップも小さくしたいとの事なので、わざとヒップにかかる感じで照射しています)

 

 

 

部位を問わずこれ位の赤みは出現しますが、赤みの程度は皮下脂肪の厚みや部位によって異なります

 

早い人は数時間で引き、長い場合2、3日~1週間くらいかけてひいていきます

 

赤み以外に治療部が少し感覚が鈍いような突っ張った感じやちりちりした軽い痛みが出る場合もあります

 

いずれも施術後しばらくすると消失していくのでご安心くださいませ

 

照射部位は、直後はシャーベット上にシャリシャリして硬く冷えていますが、数分で元に戻ります

 

マシーンの冷感も10分程度で消失していきます

 

 

当院の特徴は、2台同時のデュアルスカルプティング以外に太ももや二の腕といった腹部以外の症例が多いのも特徴のようです

 

そしてこれらの部位は体重が減ってもなかなか落ちない部位です

 

自力で落とせるところと、そうでないところ、見極めつつ、うまく器械の力を借りていきましょう!

 

 

 

と、だい~ぶ長くなりましたが最後までお付き合いくださりありがとうございました

 

やれば痩せるクルスカ!今から着手すれば夏までに確実に間に合いますよ~

 

 

今年こそ美Body手に入れましょう

 

 

 

 

 

クールスカルプティング専用ページ

ヒアルロン酸注射&ボトックス注射Q&A

 

ヒアルロン酸注射専用ページ

 

ボトックス注射専用ページ