1. しわ・たるみ
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

EXAMINATION

しわ・たるみについて
詳しく解説します。

たるみ・しわができる原因とは?

老化のサインとして「たるみ」「しわ」がありますが、なぜ「たるみ」「しわ」ができるのでしょうか?

 

顔の老化というのは皮膚だけに起きている事ではありません。皮膚以外に骨、筋肉、脂肪のすべてに変化が起き顔は老化していきます。まず年齢と共に、顔の骨が痩せてきて萎縮し後退していきます。目の下の骨や額やこめかみの骨が痩せてきますので、年をとるとごつごつした顔つきになってきます。これによりこめかみは凹み、おでこも丸みを失い、目の下もくぼんできます。また脂肪は年齢と共に萎縮し下垂(下方向へ移動)しますので目の下がポコッと膨らんできたり、しもぶくれの様なフェイスラインになってきます。筋肉は年齢と共に拘縮(凝り固まる)してきます。顔を下側に引っ張る筋肉が拘縮すると下方への力が強く引っ張られ顔が下がったように見えてきます。これらの要素が複雑に絡み合い、「たるみ」ができ、その「たるみ」を堰き止める様な溝がほうれい線であったり、たるみにより皮膚が折り重なることで「しわ」を形成します。

 

また「しわ」の原因はたるみ以外にも、コラーゲンやエラスチンといった皮膚の弾力の元となる成分が年齢と共に減少し折れやすくなってくるのも小じわの原因の一つです。表情によって寄るおでこの横しわや眉間の縦しわ、目回りのカラスの足跡の様なシワが表情を寄せなくても刻まれてくるのは年齢と共に皮膚が弾力を失い折り目がつきやすくなるからです。

 

たるみは皮膚を引き締めるだけでは良くなりません。理に適った美しいたるみ治療とは?

 

老化によりフェイスラインは徐々に四角くなってきます。美しく若々しいフェイスラインはハートシェイプフェイス(ハート形)やオーバルフェイス(卵型)と言われています。

 

 

年齢と共に顎先は平たんになり、落ちてきた脂肪によりフェイスラインは四角く変化しますので若返らせる際には顎先を尖らしV字のフェイスラインを作る事が重要です。一方で年齢と共に頬の脂肪が下がり重心が下がったように見え、頬が痩せてきますので中顔面にしっかりと丸みを出し綺麗なOgee Curveを描くのも若々しい顔立ちを作る上では重要です。たるみ治療といっても、ただ単に伸びた皮膚を引き締める二次元の治療だけでは美しく仕上がりません。そういった皮膚のタイトニング治療も勿論重要ですがそれに合わせ、老化を補うような立体的なアプローチでふっくらした頬と、引き締まったフェイスラインを如何にバランス良く仕上げるかが、理に適った美しいたるみ治療に繋がります。

 

たるみ・しわができやすいのはこんな人!

 

外的要因:しわやたるみを引き起こす大きな原因の1つに、外的要因が関係しています。その中でも肌の皮膚の張りと弾力が失われた乾燥肌は、しわやたるみの引き金となります。では肌の乾燥はどのようにして進むのでしょうか?

 

1,お肌の生まれ変わりであるターンオーバーの乱れ

通常私たちの肌は自らの力で潤いのあるみずみずしい肌を保とうと、28日周期で肌の生まれ変わりが行われています。この生まれ変わりの新陳代謝をターンオーバーと言いますが、加齢や環境など様々な原因によりターンオーバーが乱れると、生まれ変わりのスピードが遅くなり、肌の表面にいらない角質がたまりやすくなります。角質がたまりやすくなっているということは、細胞の生まれ変わりができないということなので、水分や油分のバランスを保てなくなり、乾燥肌が進みます。

左:正常な角質の肌  右:乱れた角質の肌

 

2,ファンデーションや皮脂などの汚れが毛穴にたまる

乾燥を引き起こす原因として、肌の表面や毛穴に汚れが溜まっているということが挙げられます。ファンデーションやお肌に付着した汗や皮脂、ほこりやちりなどを一日の終わりには丁寧な洗顔で落としてあげることが大切です。洗顔の後はすぐに化粧水や美容液、クリームなどで水分と油分を与えてあげましょう。

 

3,誤った肌のお手入れによるバリア機能の低下

私たちの肌は自らを守ろうとするバリア機能が備わっています。このバリア機能は外的刺激から守り、正常な働きを保とうとしていますが、洗顔のしすぎや美顔器による摩擦、強い刺激や合わない化粧品の使用を繰り返すと、バリア機能が低下します。すると、潤った水水しい肌とはほど遠く、乾燥がすすみくすみや黒ずみの原因もなります。

 

 

内的要因:

しわ・たるみの原因は外的要因だけではなく、内的要因も関係しています。その代表として紫外線やストレス、寝不足、喫煙などによる活性酸素の過剰発生が挙げられます。活性酸素は正常な細胞にダメージを与え、肌のあらゆる機能を奪いしわやたるみだけでなくシミやくすみなど、様々な肌老化を促進させます。また、乱れた生活習慣もしわやたるみとなりえます。規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事などを心がけ、肌細胞の機能を整えてあげることが大切です。

 

あなたもしてない?しわ・たるみができやすい原因

 

1,無表情なことが多い

顔にはあらゆる筋肉が存在して表情を作り、頬や目尻、眉の口角の位置などがその筋肉によって作られています。筋肉を動かすことによってお顔の血流がよくなり脂肪がつきにくくなります。たるみは脂肪が下方向へ移動することで起こりますので、脂肪を適切な位置に留める事はたるみ予防にも繋がります。たるみが起こるとしわが刻まれる原因にもなるため、例えば一日中パソコンの前にいることが多く、笑ったり話しをしたりして顔の表情筋を使う機会が少ない方は、たまに顔全体を動かし筋肉を意識して動かしお顔の血流を良くすることを心がけましょう。それによりたるみの原因にとなる余分な脂肪を減らすことができます。ただし、お顔の筋肉には顔を引き上げる筋肉と引き下げる筋肉がありますので、下げる方の筋肉を動かしすぎると逆効果になったり、表情シワがそのまま刻まれてしまう原因にもなりますのでやり過ぎは禁物です。

 

2,夏でも日焼け止めは塗らない

上記でも述べたように、紫外線はあらゆる肌老化を促進させます。紫外線は1年中降り注いでいますから、日焼け止めクリームなどの紫外線対策は夏場はもちろん、冬でも行う必要があります。まれに、日焼け止めクリームが肌に合わないとお悩みの患者様もいらっしゃいますが、当院ではそのような方のために飲むタイプの日焼け止めサプリメントもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。 ▶︎物販一覧はこちらからご覧いただけます。

KUMIKO CLINICのしわ・たるみ治療

  • 「たるみ」「しわ」は様々な原因から成り立ちます。年齢と共に皮膚が延び表面積は多くなりますが、脂肪は萎縮し下垂、骨は萎縮し後退するためそれらを補うように二次元的ではなく三次元的な立体的なアプローチが必要です。機器を使用したたるみ治療で、伸びた皮膚を引き締めコラーゲンを増生させるタイトニング効果は狙えますがたるみは皮膚を引き締めるだけでは解決できません。年齢と共に痩せてくる部位にヒアルロン酸などの皮膚充填剤で必要なボリュームを補い、ボツリヌストキシンで筋肉をリラックスさせスムースなラインを作る。これらを複合して行う事で理に適ったバランスの良い美しい顔立ちを作り上げる事ができます。

ヒアルロン酸注射(注入)

 

【特徴】

ヒアルロン酸は元々体内にある成分のムコ多糖類一つです。そのため、アレルギー反応が起こりにくいのが特徴です。一度注入したヒアルロン酸が気に入らない場合は、ヒアロニダーゼという薬剤で溶解し元通りにすることも可能です。施術時間も短く即効性があるため、一度実感される患者様は多くの方がリピートされます。ほうれい線やゴルゴラインなど、深いしわの治療法は、ヒアルロン酸注入で溝を埋めるようにして直接埋めて盛り上げらせる方法が確実で早い結果をもたらします。

しわやたるみもちろん、ヒアルロン酸注入以外に他の治療法もあります。ですが、深いしわが浅くなったとしても完全に埋めることはできません。深いしわはしわのラインに沿って溝をふくらませるヒアルロン酸注入が効果が高い施術方法と言えます。

たるみの解消に関しては、ここ最近全く新しいヒアルロン酸の注入方法が確立されています。従来はたるみによって凹んでしまった部分にボリュームを足して滑らかにしていたのに対し、凹んでいる箇所に部分的に注入するのではなくリフトアップするいくつかのポイントに注入することで、引き上げを狙い凹みを自然に解消できるビスタシェイプという注入法があります。顔の全体的な引き上げを狙うことにより、たるみが原因の法令線も同時に解消されるという一石二鳥のヒアルロン酸注入です。当院にお通いの患者様からも大人気の方法です。

 

どちらが適用になるかは、患者様の目的やなりたいイメージ、お悩みの箇所により異なりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

【こんな人にオススメ!】

ヒアルロン酸注入は、部分的にボリュームを足して若々しいお顔立ちにされたい方や、深い溝のようなしわ、くぼみなどが生じるほうれい線やゴルゴラインなどを解消したいという方におすすめです。凸凹した部分を埋めるようにヒアルロン酸を注入すれば、まるで若い頃のふっくらとした若々しいハリと弾力のあるお肌を手に入れることができます。

 

 ※ヒアルロン酸によるたるみ・しわ治療

ボトックス・マイクロボトックスリフト

 

【特徴】

ボトックスは眉間や目じりの烏の足跡のような強いしわに有効で、筋肉を弱めることによりしわを改善することができます。一方、マイクロボトックスリフト(メソボトックス)は比較的浅い層に注入することで、フェイスラインのもたつきをすっきりさせたり、首のタテしわや筋などを解消することが可能です。ボトックスと言っても打ち方や打つ箇所、層によりあらゆる効果が期待できます。

 

【メリット】

1回の治療でその効果は約6か月持続します。しわやたるみの解消だけでなく、レーザーでは実感できなかった毛穴の縮小や、皮脂の分泌を抑えることもできる、知らない方は損と言っていいほどの治療法です。

 

【こんな人にオススメ!】

ボトックス・マイクロボトックスリフト(メソボトックス)は、筋肉が原因でしわやたるみが生じているお悩みに最適の治療方法です。

 

ボトックス・マイクロボトックスリフトによるしわ・たるみ治療

サーマクール

 

【特徴】

アメリカのFDAの認可を受けた、たるみ治療の中でも長年不動の医療機器です。100万人以上の症例数を誇る「たるみ治療のゴールドスタンダード」として世界80か国以上で施術されています。高周波を利用して真皮および皮下組織を加熱することで、コラーゲンを熱で変性させ増生、リモデリングを起こしハリのある弾力のある肌へと変えていきます。また、目じりが下がってきたという方は、サーマクールアイという目元専用のチップがあります。ボディーの皮膚の弛みを引き締めたいという方は、サーマボディーというボディー用のチップもあります。一度体験すると何年にも渡ってリピートされる方が多いのもその実感値の高さも伺えます。

 

【メリット】

サーマクールの治療効果は約6か月間以上持続するため、1年に1回~2回ほど済む点がメリットとして感じる患者様は多いようです。また継続していくことでお肌の老化スピードを遅らせることが期待できます。

 

【こんな人にオススメ!】

サーマクールは、注射が苦手という方にもおすすめのたるみ治療です。フェイスラインのもたつきが気になる方や、口角が下がってきた方、頬の位置が下がってきた方や、ぼってりとした顔を引き締めて小顔効果を狙いたいという方に有効です。医療機器ならではのその高い照射出力で、回数を重ねるより1回で効果を狙いたいという方にもご満足いただける治療です。1回の治療で1か月~2か月かけてじわじわと皮膚内部のコラーゲン組織を刺激し、引き締め効果だけでなく肌そのものにハリと弾力をもたらします。

 

サーマクールによるしわ・たるみ治療

 

ウルトラフォーマーⅢ

 

【特徴】

高密度焦点式超音波(HIFU)の作用で、たるみの改善に重要な真皮と皮下組織に超音波エネルギーを収束させ、点状に無数の熱作用(熱凝固)を加え、緩んだSMASを引き締める最新のリフトアップ治療機器です。同時に筋膜の上の真皮層にも超音波を当てることでコラーゲンの生成を促し、肌のハリや弾力、小ジワを改善します。

 

【メリット】

肌の表面を傷つけることなく、肌内部の目的の場所だけに照射し、加熱することができます。
そのため、ダウンタイムはほとんどありません。
また、ウルトラフォーマーⅢの機械により、低出力で浅い層(1.5mm、2.0mm)にスピーディーに照射する「ハイフシャワー」で、安全に引き締めるだけでなく、肌質改善を行うことができます。数あるハイフ機器の中でもウルトラフォーマーにしかできない特別な照射法です。

 

【こんな人にオススメ!】

ウルトラフォーマーⅢは、リフトアップしたい方、脂肪が覆いかぶさったような深いシワが気になる方、重力に負けて下がったようなたるみが気になる方、法令線やゴルゴラインを改善したい方に最適な治療法です。また注入が苦手な方にもオススメです。
医療機器ならではのその高い照射出力で、回数を重ねるより1回で効果を狙いたいという方にもご満足いただける治療です。1回の治療で2か月~3か月かけてじわじわと皮膚内部のコラーゲン組織を刺激し、引き締め効果だけでなく肌そのものにハリと弾力をもたらします。その効果は約6か月持続します。

 

ウルトラフォーマーⅢによるしわ・たるみ治療

ヴィーナスレガシー

 

【特徴】

ヴィーナスレガシーは国際特許を取得した技術である、多極性高周波とパルス式磁場を同時に流す施術によって、メスを使わずに加齢に伴うお肌のしわやたるみの改善を図る医療機器です。ヴィーナスレガシーの特徴は、マルチポーラー式RFとパルス電磁場を組み合わせ、素早く痛みを伴わず皮下組織の深くまで均一に加熱する事にあります。

世界初のパルス・エア・ドレナージュ機能でリンパドレナージュを促進、ラジオ波による加熱、磁気による血流改善、マッサージの機能により、コラーゲン生成し、しわやたるみの改善が可能です。

 

【メリット】

ヴィーナスレガシーは、パルス磁場を真皮層~脂肪層に流すことによって、ハリや弾力のも源となる真皮層内の線維芽細胞の増殖を促します。これにより新しいコラーゲンの合成を促進し、血液やリンパの流れを改善します。

また、多極性高周波を流すことによって、肌表面だけでなく身体の中から温度を上昇させ、組織機能の改善や自然治癒力の向上、血液とリンパの流れの改善、脂肪の燃焼促進、コラーゲンの合成、血液循環の改善により、くすみ改善・美肌効果があります。

 

【こんな人にオススメ】

・顔、首のしわ・たるみが気になる方

・肌にハリ・ツヤが欲しい方

・顔のむくみが気になる方

・たるみ治療はしたいけれども痛みが心配な方

 

※ヴィーナスレガシーでしわ・たるみ治療

しわ・たるみの種類その1:「目元(目の下・目尻)」

目回りは老化と共に色々な現象が起こります。まずは目回りの「シワ」。笑うと斜めに入る目の下や目尻のしわ。これらは笑うという表情時に出るので表情シワと呼ばれます。ただ年齢と共にコラーゲンやエラスチンなどの弾性繊維が減ってくると、皮膚の弾力が落ち表情を寄せなくてシワが刻まれてくるようになります。次に目の下の「たるみ」です。年齢と共に目の下の通称「目袋」と呼ばれる脂肪の部分が徐々に膨らんで突出してきます。いわゆる「目の下のたるみ」です。また、一方で目の下がくぼんで溝になる場合もあります。いわゆる「クマ」と呼ばれる現象を起こします。これは、目の下の骨、眼窩下縁と呼ばれる目の周りの骨が後退してくる事で生じる現象です。目の下のくぼみは、老けた印象だけではなく疲れて見える原因にもなります。目の下のくぼみは全てが加齢による変化ではなく、若い方にも見られる現象です。この様に目回りの老化は「シワ」「たるみ」「くぼみ」と様々な現象が起きていきます。

しわ・たるみの種類その2:「顎」

年齢と共に、顎の筋肉が拘縮(凝り固まり)し梅干し用にぼこぼことし、また顎先が平坦になってきます。フェイスラインが年齢と共に四角くなってくるのはこういった顎の変化も原因の一つです。また顎が平坦になってくると丸顔に見え、太った印象を与えます。顎の筋肉をスムースにし顎先を尖らせV字のフェイスラインを作る事で若返り効果があると同時に、顔痩せ効果もあります。また顎先を作るとき、Eライン(エステティクライン)に沿って仕上げると綺麗な横顔を印象付けます。

しわ・たるみの種類その3:「頬」

頬には頬部脂肪体といって元々多く脂肪が存在しますがその脂肪が年齢と共に頬は痩せ脂肪が下垂(下がる)してきますので、年と共に頬が出来て頬に斜めに入る溝が通称ゴルゴライン、インディアンライン呼ばれる溝で、また下がった(たるんだ)頬を堰き止める様にできる溝がほうれい線です。ですので、若々しいお顔に戻すときは、頬に十分にボリュームを入れ、頬の重心を上げるのはたるみやシワを改善させるうえで重要なポイントです。

しわ・たるみの種類その4:「口元」

若々しい口元は、口角がキュッと上がり赤色の部分(赤色唇)がふっくらとしている口元です。口周りから首にかけては口角を下げる筋肉がありこの筋肉の力が強いと口元がさがります。口角が下がると老けて見えるだけではなくへの字で不機嫌な印象を与えます。また、年齢と共に唇、特に上唇が薄くなって鼻の下が延びてきます。上唇をふっくらさせると若々しくなり、食事する際に出現する口周りの細かなシワも目立たなくなります。

しわ・たるみの種類その5:「額」

額の骨は年齢と共に痩せてきますので、年を取ると額はゴツゴツし中央やこめかみにかけて凹んできます。丸い額は、可愛らしい印象を与え若々しく見えるだけではなく女性らしく優しい印象も与えます。また、眉毛を挙げた際に出現する額の横しわは、額の筋肉が動く際に出る表情シワです。年齢と共にコラーゲンやエラスチンといった弾性繊維が失われると皮膚の弾力が落ち、表情を寄せなくてもシワが刻まれた状態になります。

しわ・たるみの種類その6:「眉間」

眉間の縦シワ、ハの字のシワは老けて見えるだけでなく、怒ったような不機嫌な印象を与えます。よって眉間のシワは「ネガティブリンクル」とも呼ばれ第一印象を左右しますので積極的に治療する部位です。眉をひそめる時の表情筋の動きで出現しますが、年と共にコラーゲンやエラスチンといった弾性繊維が失われると、皮膚の弾力が落ち表情を寄せなくても刻まれてきます。

しわ・たるみの種類その7:「ほうれい線」

ほうれい線はシワの中で最も気にされる方が多い部位です。原因も様々で乾燥やコラーゲン、エラスチンといった弾性繊維がへり弾力を失い出現する小じわや、頬のたるみを堰き止める溝のような大じわまで色々なタイプのほうれい線があります。それにより治療法も様々です。またほうれい線がある事で、全体に下がったたるんだ印象を与えます。

しわ・たるみの種類その8:「首」

首の横しわやたるみは普段の姿勢、就寝時の姿勢で横しわを形成したり、首の筋肉が拘縮(凝り固まる)して縦にヒダが寄るターキーネックを形成したりします。パッと見の印象を決めるのはお顔だけではなく、同じくらいの面積を占める首も以上に重要です。お顔は綺麗にしていても首に年齢が出る事はよくありますのでお顔~首までは時間差なくケアしていく事が重要です。

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778