美人の定義! | KUMIKO CLINIC
  1. 美人の定義!
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

美人の定義!

2016-09-12 14:38:24

皆様こんにちは

 

以前のブログでもご紹介しましたが、先日スタッフさん(看護師さん、カウンセラーさん)向けのセミナーでお話させて頂きました

 

「美人の定義と老化のメカニズム」について触れました

 

美人は0.4秒で決まると言われていますが

 

我々は何を見て「あーこの人美人だなあ」と決めるのでしょうか・・・

 

というお話

 

これをもう少し具体化して説明するとダウン

 

 

(先日の講演でしようしたスライドより一部抜粋しております)

 

綺麗な目、筋の通った鼻・・・etcがそこにあるだけではだめなのです

 

それがいかに良い位置にバランス良く存在するか

 

その位置決めにはこういった基準もあります

 

 

世界的には、黄金比、日本人ですと白銀比に従いパーツの位置を決めると良いとされています

 

この黄金比を用いた有名なオブジェはアップルマークであったり、白銀比で有名なオブジェはキティちゃんですね

 

また鼻をどれ位高く、唇をどれくらい前に、顎先をどれ位尖らせるかなども

 

Eライン(エステティックライン)によって決めます

 

丸みのあるプリッとした頬も、どこまでボリュームを出すかは

 

Ogee Curveによって決まってきます

 

この様に、美人を作る上では基準があるんですね~

 

我々が、一人の女性を見て「この人を美しくするにはどうすればよいか」と考える時

 

こういった事を頭に入れながら、どこに何をすればいいか、足すのか引くのか、決めています

 

私は外科ではないので、メスは使いませんが

 

ヒアルロン酸を注入する時には参考にしています

 

美しいフェイスラインに尖った顎先はマストですが

 

じゃぁ、どこまで尖らせればよいの?

 

前に?下に?とか・・・患者さんの好みを聞きつつもそれがパーフェクトなデザインになるかは、我々が誘導してあげなければいけませんので

 

「美人の定義」こんな事を考える様になって

 

ホントに人の顔をまじまじと見る様になりました

 

電車に乗ってても、お会計の時の店員さんの顔見ても、あー、この人ここにちょっと高さだすと綺麗だなぁ

 

って、勝手にアセスメントしています笑

 

こんな基準で自分の顔を研究してみてください

 

違った切り口でまた、面白いですよ