1. ヒアルロン酸、顎・鼻注入で洗練された美人に!
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

DOCTOR BLOG

ヒアルロン酸、顎・鼻注入で洗練された美人に!

2021-03-27

皆さまこんにちは

 

前回のブログでご紹介した顎形成用のヒアルロン酸❝ボラックスXC❞を使用した症例のご紹介です

 

今回のモデルさんは20代

 

アンチエイジング目的と言うより「より美しく印象を変える目的」でヒアルロン酸注入を行いました

 

術前の彼女の訴えは❝顔が丸いのが気になる❞との事でしたのでシャープに見せる様にヒアルロン酸注入を行いました

 

 

 

 

 

 

 

注入箇所は、顎、鼻、鼻翼基部(小鼻の付け根あたり)、頬のリフトアップポイントです

 

全てボラックスXCではなく部位によって使用する製剤は異なっています

 

彼女は、顎の長さと前方への突出が足りないため、お顔が丸い印象になってしまっています

 

顎周りをしっかりと作ってあげると全体的にシャープな印象になります(特に横、斜めからのビューが美しくなりますね)

 

あと、私見ですがEラインを整えるたまに顎と鼻は常にセットでバランスを整える方がベターですので

 

顎のラインを整えた後鼻にもヒアルロン酸注入を行いました

 

彼女の場合、鼻を高くするというより、凸凹したラインを整え鼻筋をすっと通すイメージです

 

凸凹を無くすだけでも印象はかわりますよね

 

そして鼻翼基部と呼ばれる小鼻の際への注入は下の写真の赤い丸の部分です

 

 

 

この部分は、血管の走行から非常に注意が必要な部位ではありますが、彼女の様に少し上顎が突出してるタイプにはその突出のアングルをなだらかにすることもできますし

 

青い矢印の方向へ小鼻を押すような効果もありますので

 

上品な口元になります(手術程ではないですが、ちょっとした印象操作です)

 

ヒアルロン酸注入は直後から劇的な変化が出ますが、このボラックスは凄く形成性が高いので直後は腫れも手伝って少し尖りすぎたかなくらいシャープな顎になりますが

 

2週間後の写真を見て頂くを馴染んできて良い塩梅に落ち着きます

 

SNS的には直後の写真の方がキレがあってインパクトは大きいのですが笑、私的なヒアルロン酸の仕上がりは「なんか良くなったけどどこが変わったの!?」ぐらいの着地が好みなので

 

2週間後をゴールに想定しながらデザインしています

 

顎のラインを整える症例、今回はAging ManagemantよりBeautification(若返りよりより美しく)が主題の症例でしたが

 

勿論、顎周りは加齢による変化も出やすい場所ですので両方もかなえられます

 

自分では気づきにくい「顎」今一度そんな目線でみてみてください

 

 

最後にプライベートネタですが、先日長男の小学校の卒業式がありました

 

 

 

 

長男が小学校入学の時に来ていたスーツを久々に着たところ

 

当時より体重も5~6㎏減って、クルスカ行ったり、最近ではスティムシュアー(近日デビュー予定の筋肉増強器機)も行ったりでしたので

 

知らず知らず大分体型が変わった様でぶかぶかでお直ししてもらいました

 

この日は児童も正装でしたので長男のスーツ姿にも成長を感じ温かく、桜も開花し良き日になりました

 

ではでは桜の美しいこの時期ならではの素敵な週末をお過ごしください

 

 

 

お通いの患者様より頂きました

 

 

 

 

 

お心遣い頂きありがとうございます

 

 

 

糸リフト:3月1日~4月30日までキャンペーン中です詳しくはコチラ

 

痩身専門ブログ

 

痩せる!新メニュー「自然に食欲を抑え、体重を減らすGLP-1痩身療法」 詳しくはコチラ

 

デュアルスカルプティング専用ページ

 

ヒアルロン酸注射&ボトックス注射Q&A

 

ヒアルロン酸注射専用ページ

DOCTOR BLOG CATEGORY

サプリ ( 3 ) しみ ( 36 ) しみ治療 ( 10 ) たるみ・しわ ( 102 ) ヒアルロン酸 ( 104 ) ブログ ( 173 ) ボトックス ( 68 ) 化粧品 ( 4 ) 取材 ( 16 ) 小顔 ( 46 ) 点滴・注射 ( 9 ) 痩身 医療痩身 ( 143 ) 美肌 ( 6 ) 美顔器 ニューワ ( 3 ) 肝斑 ( 7 ) 脱毛 ソプラノアイス ( 23 ) 講演履歴 ( 26 )

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778