1. 8月9月の特別企画★★★「夏肌レスキュー」メニュー★★★
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

DOCTOR BLOG

8月9月の特別企画★★★「夏肌レスキュー」メニュー★★★

2017-08-01 14:09:10

皆様こんにちは

 

八月に入り、キャンペーンの内容も変わりました

 

今回は、昨年も行い好評だった「夏肌レスキューメニュー」を少し内容を変えてお届けします

 

 

詳しくはコチラ

 

紫外線の強いこの時期に100%紫外線を避けるのは不可能です

 

最近は100%紫外線をブロックする日傘など出ていますが

 

日傘自体は頭上の紫外線を防げても、紫外線は一方向から降り注ぐわけではありません

 

アスファルトの照り返しだったり、目からの刺激であったり・・・etc

 

ので、100%プロテクトするのは不可能かと思います

 

そこで、浴びた紫外線を表に出さない

 

つまり「シミ」や「しわ」といった症状に出さないのが重要になってきます

 

それにはどうすればいいかと言うと

 

内側からの「インナーケア」が重要です

 

紫外線に暴露されると、我々の体内では活性酸素が発生し、酸化して「シミ」「しわ」といった光老化の症状として目に見えて現れてきます

 

その手前でサンバーンといった軽い「やけど」のような状態になってしまう人もいますが

 

この酸化を防ぐには、抗酸化力の高い成分体内に蓄えておくと良いのです

 

それが、言わずもがな「ビタミンC」です

 

これを点滴で大量に補うのが今回の夏肌レスキューメニューのベースになります

 

そして、外側からのケアとして

 

紫外線を浴びて、発生するメラニンを外に押し出すケア

 

いわゆる「メラニン代謝をあげる」外側からのケアとして

 

ケミカルピーリング

 

 

 

ハイドラフェイシャル

 

 

も加えました

 

どちらも肌の代謝を上げる治療で

 

ベーシックなスキンケアとしてリピーターの多い人気治療です

 

ケミカルピーリングにはプレミアムラインのピーリング剤「ミックスピール」をこの時期だけオプション価格なしで加えました

 

是非この機会にお試しください

 

「ミックスピール」は夏のくたっと弱った肌に、ハリ・ツヤ・もちもち感が速効出て個人的にもおススメです

 

夏はあまり、ガッツリと治療はせず、秋以降に始めようかと考えているという声は多く聞かれます

 

とは言え、夏にノーケアで過ごすと、秋以降の肌のダメージはかなりなもので

 

確実にマイナスからのスタートになってしまいます

 

秋以降の治療の費用対効果が落ちてしまい勿体ないです

 

夏はとにかく「現状維持」を目標にすることです

 

そこがキープできると秋からの治療効果が断然変わってきます

 

秋以降から、美容に投資したいという声もよく聞かれます

 

そんな心理もよ~く分かりますので、今回の企画はちょっとお財布にも優しめの内容にまとめました

 

以前のブログにも書きましたが、夏のケアはタイミングが大事

 

いつするか!というと「今でしょ」(ちょっと古いか苦笑)ではありませんが

 

「あー日焼けしちゃったなあ」

 

という1週間以内がベストです

 

症状に出る前にブロックすべく、早めに手を打つことです

 

勿論日焼け後のひりつきや赤味がある場合がそれらの症状が治まってからです

 

UVロック飲んで、日焼け止め塗ってそれでも焼けちゃった場合は、速やかにレスキューしましょう

 

 

 

 

 

8月、9月の「夏肌レスキュー」特別企画!浴びてしまった紫外線を表に出さない、レスキュー治療メニューです!詳しくはコチラ

クールスカルプティング専用ページはコチラ

ヒアルロン酸注射&ボトックス注射Q&Aはコチラ

ヒアルロン酸注射専用ページはコチラ

ボトックス注射専用ページはコチラ

 

 

 

 

 

 

DOCTOR BLOG CATEGORY

サプリ ( 2 ) しみ ( 33 ) しみ治療 ( 8 ) たるみ・しわ ( 74 ) ヒアルロン酸 ( 74 ) ブログ ( 142 ) ボトックス ( 58 ) 化粧品 ( 4 ) 取材 ( 10 ) 小顔 ( 42 ) 点滴・注射 ( 9 ) 痩身 医療痩身 ( 104 ) 美肌 ( 5 ) 美顔器 ニューワ ( 2 ) 肝斑 ( 7 ) 脱毛 ソプラノアイス ( 23 ) 講演会・研修 ( 15 )

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778