1. 「クールスカルプティングの効果どれくらい続くの?」~脂肪細胞レベルのお話~
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

DOCTOR BLOG

「クールスカルプティングの効果どれくらい続くの?」~脂肪細胞レベルのお話~

2018-10-27 12:58:36

皆様こんにちは

 

ハッピーハロウイン

 

今日のブログのサムネイルは、次男のハロウインの衣装のムチムチボディです笑

 

生まれて2回目のハロウインではありますが、ちゃんと参加したのは今回が初めてなので「My 1st Halloween day」の衣装で昨日は登園しました

 

 

 

 

最近の私の密かな楽しみは‥息子を保育園へ連れて行った後出勤までの1時間弱

 

至福の時でございます

 

途中にあるカフェに立ち寄るのですが、ここで頼むカプチーノのアートが癒されるんです

 

 

 

 

どうでしょう?癒されませんか!?

 

毎朝の私のささやかな楽しみです

 

この1時間は、自分だけの時間

 

カプチーノを飲みながらブログを書いたり、文献を読んだり、小説を読んだりしています

 

と、やっと本題に入りますが先日読んだ文献で、脂肪細胞について面白い話があったのでご紹介

 

クールスカルプティングの長期経過にも関与してくる興味深い内容です

 

脂肪細胞は、ある年齢でその数が規定され、その後は数が増えないと言われていましたが

 

実は体重が増えると、数も増えるらしいです

 

佐賀大学医学部の杉原甫教授の書かれた文献「脂肪細胞の増殖」よりです

 

2003年の124回日本医学会シンポジウムでお話された演題ですので専門家の方々の間では既に常識的な話かもですが

 

簡単にその内容をご紹介しますと

 

脂肪細胞は、体重が増えるとまず肥大します

 

BMI27を越えるくらいに体重が増えてくると肥大のみでは対処できず、分裂して数を増やすという変化を起こすようです

 

これは顕微鏡レベルで確認されています

 

つまり脂肪細胞レベルで、肥満はステージに分かれ

 

体重の増加と共に1肥大優勢型→2肥大・増殖型→3増殖優勢型と分類さるようです

 

体重が増えると、まずは脂肪細胞が大きくなり、そしてある域を越えると大きくなった上に分裂し数も増えるという訳です

 

杉原先生の文献の中にとっても綺麗な写真がありましたのでもう少し掘り下げてご紹介↓

 

 

(文献より一部画像を参照させて頂いています)

 

この画像は、肥満の程度にによる脂肪細胞の形態を顕微鏡レベルでとらえたものですが

 

4つの写真のうち向かって左上の普通体重者は、脂肪細胞は球形で細胞間に隙間がありいわゆるよくイラストなどで見るぶどうの房状です

 

右上は軽度肥満。脂肪細胞が肥大しており球形ではなく細胞間の隙間もなくひしめきあってトウモロコシの様になっています

 

左下は中等度肥満。大きな脂肪細胞の間に小さな新たに増殖した脂肪細胞が確認されています

 

右下は高度肥満。大きな脂肪細胞以外に小さな脂肪細胞が多数見られます

 

このように肥満の程度によって、脂肪細胞の数が増えているのが確認されているのです

 

 

 

クールスカルプティングを受けに来れられた患者様からよく聞かれる質問が

 

「どれ位効果が持続するんですか?」と

 

私はいつも、大幅に体重が増えなければサイズダウンした効果は維持されます

 

と話しています

 

大幅ってどれくらいなのよ!?って自分で口にしていて自分で突っ込んでましたが

 

今回杉原先生の文献を読んで少し具体化されました

 

 

1回のクールスカルプティングで破壊される脂肪は20~30%、2回行って40~60%だとすると

 

2回行ったとしても、40~60%の脂肪細胞はそのままの形状で残っていますのでそれらが膨らむとピーク時よりもサイズは戻ってくる計算になります

 

 

更にBMI27以上から脂肪細胞は増殖し始めますので、クールスカルプティングで破壊された脂肪細胞以外の肥大化も始まります

 

当院のクールスカルプティングを行う患者様の平均のBMIは21、つまり160cm55キロ位の方々です

 

BMI27というと、その方が70キロ近くまで体重が増えた場合の組成です

 

そこまで増えると、脂肪細胞の数が増え始めますので、それ以上増えると更に肥大化しサイズが戻ってくる可能性があります

 

BMI26までの増加だったら、破壊されていない残りの脂肪が肥大するのみに留まりますので

 

「ヤバい!治療したのに体重増えちゃった、ちょっとサイズ戻ったかな」と思っても自力で体重を減らせばまた脂肪細胞が小型化し治療後の状態にまで戻せますが

 

BMI27を越えると、新たな脂肪細胞が増え肥大化が始まるので自力で体重を戻してもサイズを戻しきれない

 

そんなイメージになります

 

杓子定規にいかないのが人間の身体ですので、あくまでもそんなイメージという表現にとどめますが・・・

 

ので、クールスカプティング後は体重が増えないように努めてください

 

55キロの方が70キロまで15キロも増えるはよっぽどの事ですし、そうそうないなと思っていますが

 

先日、一般の方向けのセミナーで

 

「クールスカルプティングで治療して、体重が倍に増えても戻りませんか!?」と想像を超える(笑)質問がありました

 

倍に増えれば、戻ります!とお答えしたのは言うまでもありません

 

良い効果を持続したいのであれば体重を治療後の状態より増えないようにするというのは絶対です

 

じゃないと、もったいないです

 

クールスカルプティングは確実に無駄な贅肉を落とせるちゃんと効く痩身治療です

 

が、

 

クールスカルプティングで痩せたからといって、ばくばく食べていては戻る可能性もあることお忘れなく

 

感覚的に私のイメージで言うと、4~5キロ増える位であればそうそう簡単にサイズは戻らないと思います

 

ただ、10キロ、20キロ増えるとサイズが戻るのは勿論のこと、増えた脂肪細胞の分再度治療する必要性も出てきます

 

厳しい食事制限もらない、辛いトレーニングもいらない、寝てるだけで痩せる、楽痩せ治療のクールスカルプティングですが

 

健康的な食事、運動はやはりマストです

 

そういった生活の中で、クールスカルプティングを使って、短期的にボディラインを作り上げる、そしてまた元の生活に戻る

 

私的にこれが一番賢い使い方かなと思います

 

 

 

ではでは皆さま素敵な週末を~

 

私は、今週末、ヒアルロン酸のお勉強してまいります

 

その様子はまた今度

 

 

お通いの患者様より頂きました

 

 

 

 

 

お心遣いありがとうございます

 

 

デュアルスカルプティング専用ページ

 

ヒアルロン酸注射&ボトックス注射Q&A

 

ヒアルロン酸注射専用ページ


ボトックス注射専用ページ

 

DOCTOR BLOG CATEGORY

サプリ ( 2 ) しみ ( 33 ) しみ治療 ( 8 ) たるみ・しわ ( 76 ) ヒアルロン酸 ( 75 ) ブログ ( 147 ) ボトックス ( 58 ) 化粧品 ( 4 ) 取材 ( 13 ) 小顔 ( 42 ) 点滴・注射 ( 9 ) 痩身 医療痩身 ( 106 ) 美肌 ( 5 ) 美顔器 ニューワ ( 2 ) 肝斑 ( 7 ) 脱毛 ソプラノアイス ( 23 ) 講演会・研修 ( 16 )

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778