1. たるみ治療、糸かハイフかヒアルロン酸か?
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

DOCTOR BLOG

たるみ治療、糸かハイフかヒアルロン酸か?

2021-03-06

2021-03-08

皆さまこんにちは

 

糸リフトを表メニューに掲げてから、ほぼ毎日の様に糸リフト行っています

 

皆様、HPをご覧いただき情報キャッチ頂いて感謝です

 

❝実は前から興味があった❞

❝やってみたかったけど怖くて勇気が出なかった❞

 

など、やはり潜在しているニーズなんだなぁとつくづく感じております

 

そんな訳で今日のお話は、たるみ治療を行う際にどの手でいくか!?のお話です

 

表題にも挙げましたがたるみ治療というと「糸リフト」「ハイフ(ウルトラフォーマIII)」「ヒアルロン酸注入」

 

この辺が候補に挙がってきます

 

どれが一番いい方法か!?

 

答えはズバリ

 

全部のコンビネーション

 

これが一番パーフェクトの仕上がりにはなりますそりゃそうだ笑(って、勿論予算度外視でのお話です)

 

まぁ現実的に、たるみを主訴に来た患者さんにこのすべてを同日に行う事はほとんどありませんが

 

同日の組み合わせでよくあるのが「ヒアルロン酸+ハイフ」「ヒアルロン酸+糸」でしょうか

 

こうやって書くとヒアルロン酸は汎用性が高いですね、どの治療とも相性が良いというか

 

「糸」「ヒアルロン酸」「ハイフ」これらの適応を具体的に私の顔を使って治療法を説明します

 

 

こうやって書いてみて思いましたがヒアルロン酸でできること多いですね(因みに私は、鼻と唇のヒアルロン酸以外は全部やってます~

 

考え方としては、まず土台となる青字の部分、頬や口周りのたるみを糸かハイフかヒアルロン酸で作って、その上でヒアルロン酸でパーツを仕上げるといったところでしょうか

 

メイクに例えると、ヒアルロン酸か糸かハイフがファンデーションで肌色を作る過程

 

そこにアイシャドウやノーズシャドウ、チークや・・・といった陰影やラインを入れていく作業がヒアルロン酸というイメージ

 

ヒアルロン酸注入に施術する医師のセンスが問われるのはそういったメイクアップ的な要素もあるからかもしれませんね

 

こういう顔立ちはどんなリップライン、リップの色にするか、チークは何色をどの辺にいれるか、フェィスシャドウ、ノーズシャドウはどこまで入れるか

 

などは、ヒアルロン酸注入でも応用されるセンスかと思います

 

ヒアルロン酸注入はそういった❝造形❞の要素もあるので、土台となるたるみ治療とも相性が良いのです

 

では、その土台を何で作るかが今回のテーマ(やっと本題に戻せた

 

それを決めるうえで一番大事なのは、患者様の治療法の希望と好みです

 

器械系でいきたいか、注入系で行きたいか、糸もOKか

 

これは、カウンセリングの際にまず最初にお伺いする質問です

 

いくら適応があるからと言って、患者様の希望やライフスタイルに合わない治療法はストレスでしかありません

 

そこのすり合わせは大事

 

次にお伺いするのは、いつまでにどんな仕上がりになりたいか

 

○月○日のこのイベントまでに仕上がりたい、これを機にアンチエイジングを始めていきたい・・・とその見通しも様々です

 

まずはこの二点をお伺いした上でその患者様の好みを探り、そこから医学的適応のある治療法へと擦り合わせていきます

 

しつこいようですが、こちらの適応ばかりをお伝えしても患者様の満足度はあがりませんので

 

このステップ大事です

 

まずは器械系で~・・・と言う方→ハイフ(ウルトラフォーマIII)一択

 

注入系か糸で~・・・(これ最近よくあります)→老化のサインがどこにあるかで決めます

 

上顔面(額・目周り)~中顔面(ゴルゴライン、ほうれい線の鼻翼基部)に問題が多い方はヒアルロン酸注入一択

 

下顔面(ほうれい線下部、マリオネットライン、フェィスライン)に問題が多い方糸かヒアルロン酸おススメしています(この二択は、予算感やなりたいお顔立ちを聞きながら決めます)

 

全部お任せで!・・・(これは一番燃える!笑)→とは言え結局は老化のサインで決めますので前述の通りですが

 

ハイフ、糸はたるみの改善+予防的な意味合い(コラーゲンを増生したりと)もあります、ヒアルロン酸注入はたるみの改善+細かなデザインを追求したり印象を操作する事も出来ます

 

こうやって書くと悩みますねぇ~(って結局一緒に悩んでるやないかーい笑)

 

しかし、これらを組み合わせたり交互に行ったりすれば、顔面のたるみはほぼパーフェクトに網羅できます

 

そして、声を大にして言いたいのは「溶ける糸は人生のどっかのタイミングで是非受けて頂きたい治療」と感じています(我が身を持って感じたそんな熱い想いでメニュー化したのですが笑)

 

あとは、クシャっと寄るシワにボトックスを打ったり、スキンケアで肌にハリを出したりといった美肌道はそれはそれでご自分の目指すところま磨いていただけば尚良しです

 

あれもこれも美容って大変~って思われるかもしれませんが、私的にはメスを使わないたるみ治療に関してはもう手は出揃ったというところで(←現時点では)

 

どんとこい!といったところでしょうか

 

これだけ沢山の美容医療が世に溢れていますが、勝率の高い有効な方法は限られていますのでそこを知った上で上手に取り入れていけば

 

勝った様なものです

 

そんな気合いで自分の顔を管理してくださいませお互いに楽しく年とっていきましょう~

 

素敵な週末をお過ごしください

 

 

 

お通いの患者様より頂きました

 

 

 

お心遣い頂きありがとうございます

 

 

 

糸リフト:3月1日~4月30日までキャンペーン中です詳しくはコチラ

 

痩身専門ブログ

 

痩せる!新メニュー「自然に食欲を抑え、体重を減らすGLP-1痩身療法」 詳しくはコチラ

 

デュアルスカルプティング専用ページ

 

ヒアルロン酸注射&ボトックス注射Q&A

 

ヒアルロン酸注射専用ページ

DOCTOR BLOG CATEGORY

サプリ ( 3 ) しみ ( 36 ) しみ治療 ( 10 ) たるみ・しわ ( 102 ) ヒアルロン酸 ( 104 ) ブログ ( 173 ) ボトックス ( 68 ) 化粧品 ( 4 ) 取材 ( 16 ) 小顔 ( 46 ) 点滴・注射 ( 9 ) 痩身 医療痩身 ( 143 ) 美肌 ( 6 ) 美顔器 ニューワ ( 3 ) 肝斑 ( 7 ) 脱毛 ソプラノアイス ( 23 ) 講演履歴 ( 26 )

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778