1. 糸の2回目いつするか?&美容医療対談
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

DOCTOR BLOG

糸の2回目いつするか?&美容医療対談

2021-07-28

皆さまこんにちは

 

暑い日が続きますがお元気に過ごされていますか?

 

当院で糸リフトと受けにいらっしゃる患者様は、ほぼ全員が私のブログやHPの糸リフトのページを読みこんできてくださいます

 

ので、一回目の糸の経過診察の辺りに、よくこのご質問を受けます

 

と言うのも、常々「糸は一発逆転の治療ではありません、繰り返すことでよりたるみにくい構造へ変えていくのです」

 

とお伝えしています

 

一発逆転ではないと言うのは、自分が受けてみて世の中の糸に対する期待値が高すぎると思ったからです

 

でも、やはり、いい

 

これも自分が受けてみて感じた事

 

それは、糸ならではの張力で他の治療(フェイスリフトや脂肪吸引は除外)では持ち上げきれない脂肪を上げれたり、それによって輪郭を矯正出来たり、糸自身が溶ける過程で産生されるコラーゲンの増生により肌にハリが出たりと

 

やはり糸ならではの良さを感じたのでメニュー化しました、というのも以前からお伝えしていますね

 

ので、糸は繰り返し入れるものという認識の元受けて頂く方が多いのですが決して安価な治療でもありませんし2回目をいつ行うか、どれくらいのタームで繰り返すかは気になるとこですよね

 

おススメは1回目終了後6か月~1年以内です

 

この時期は、糸は完全に吸収されてないけど張力が落ち始めまた少したるみが気になってきている頃かと思います

 

とは言え、この時期はまだ最初ほどには戻っていません

 

完全に最初に戻る前に2回目を行った方が、ベースの底上げを生かしつつ更なるバージョンアップも狙えます

 

因みになんでも自分の顔で体験する性分の私は、過去に一度にたっくさんの糸(20本以上)を入れたこともあります

 

今の私のスタイルは4~6本とどちらかと言うと少ない方かと思いますが

 

私の個人的な感想ですが、沢山入れるのと効果に大きな差はないなというのが感想でした

 

言い換えると、少ない本数でも、リフト効果は十分狙えます(あ、もちろん元の状態によります。たるみが強い方、皮下脂肪多めの方に左右併せて2本とかは厳しいです

 

私は一度にたくさん入れるより、ちょこちょこ足していく派です

 

といっても期間は6か月おき位で、形が作られてきたら年一でも良いかと思っています

 

糸は色んな種類がありますので、あくまでも当院で扱っている糸を使用した糸リフトの場合ととらえてください

 

 

話は変わって、インスタグラム等では既にご紹介していますが

 

先日、美容医療の対談で蛯原英里さんとご一緒させていただきました

 

ヒアルロン酸やボトックスはじめ、美容医療の色んな話対談させて頂きました

 

 

 

 

ハイチェアーが苦手な私は足元こんな感じ

 

 

そしてスタジオに一緒にいらしていた蛯原さんの娘さんが、これまた美少女でこんな素敵なイラストを描いてくれました

 

 

後半疲れてきたタイミングで「ママ~、しもじま先生~きれいだよ~」と、なんとも気の利いた声掛けをしてくれて

 

終始癒されました

 

ママみたいな美しくて素敵な女性になる事間違いなしでしょう

 

2枚目はカメラマン、娘ちゃん(ありがとう

 

さて、今週末は美容皮膚科学会です

 

朝早くからのモーニングセミナーで登壇しますが、京都に現地入りして学んでまいります

 

ではでは、暑さ厳しい折くれぐれもご自愛くださいませ

 

 

 

痩身専門ブログ

 

痩せる!新メニュー「自然に食欲を抑え、体重を減らすGLP-1痩身療法」 詳しくはコチラ

 

デュアルスカルプティング専用ページ

 

ヒアルロン酸注射&ボトックス注射Q&A

 

ヒアルロン酸注射専用ページ

 

DOCTOR BLOG CATEGORY

サプリ ( 3 ) しみ ( 36 ) しみ治療 ( 10 ) たるみ・しわ ( 109 ) ヒアルロン酸 ( 108 ) ブログ ( 174 ) ボトックス ( 68 ) 化粧品 ( 4 ) 取材 ( 18 ) 小顔 ( 46 ) 点滴・注射 ( 9 ) 痩身 医療痩身 ( 143 ) 美肌 ( 8 ) 美顔器 ニューワ ( 3 ) 肝斑 ( 7 ) 脱毛 ソプラノアイス ( 23 ) 講演履歴 ( 27 )

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778