1. 【Dr.Ruriko blog】「層別エイジング解説シリーズ まとめ編」
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹

STAFF BLOG

【Dr.Ruriko blog】「層別エイジング解説シリーズ まとめ編」

2021-10-28

2021-10-30

さてさて

途中スネコスのご紹介もはさみつつ 連続シリーズでお届けしてきた 「層別エイジング解説」

結局のとこ、じゃぁ何をすれば改善につながるのか。

各論よりも少し 治療、施術にフォーカスをあてつつ、ざざっとまとめてみます。

 

 

「表皮・真皮」

角化の乱れを整える ターンオーバーを促す⇒ケミカルピーリング

 

ホームケア大事⇒ビタミンA やCを取り入れる

ビタミンA は肌のターンオーバーを促し 新しいお肌に導いてくれると同時に、光老化から守ってくれるという素敵な成分です。

ちなみにビタミンAと一言でいっても、その種類は様々で、安定性や強さが違ういろいろなカタチで存在しますので、ご自身にあったものを使うのが大切です。

ビタミンCは抗酸化作用でアンチエイジングにも重要ですし、コラーゲンを増やしてシワにも効果的です。

 

表層(真皮浅層~真皮)のリフトアップ、目のリフトアップ、引き締め、肌質改善⇒ハイフシャワー

 

真皮の環境改善⇒ スネコス

スネコスは 実は 自然なお肌の若返り、シワ改善、ハリツヤ、美肌効果もさることながら、トーンアップについての満足度も高い施術です。

 

真皮を刺激して、成長因子の分泌により、コラーゲン、エラスチンの生成を促す⇒ ダーマペン

 

 

 

「皮下組織(脂肪)」

Aging による脂肪増加は避けられず(部位により)。取り去るのがはやい。

クラツーα

脂肪溶解注射 クラツーαがあてられない細かな部分の脂肪にはこれ。

 

「靭帯」 「筋肉」

熱を加えてぐっと引き締めるイメージ⇒ハイフ でSMAS を引き締める

SMAS とは 顔全体をつつむ筋肉の膜

SMAS に熱を加えて 全体を引き締める

もちろん 一時的にぐっとたるみが改善しますが、その後の組織の修復過程でさらにコラーゲン、エラスチン、成長因子などの生成が促されるので即時的な効果と、その後 緩徐に出る効果 両者が期待できます。

しかし、何をしようと 日々Agingはすすみますので  メンテナンスとして 定期的に行うとよいでしょう。

 

 

ヒアルロン酸で靭帯補強

靭帯に杭をうつイメージでヒアルロン酸をおきます。

また、頬コケなど 少し広い面をヒアルロン酸で補填するときも 細かな靭帯のサポートとして効果を発揮しますので、リフトアップします。

 

 

「骨」

足場がなくなりつつある と建築構造は がたつき崩れ落ちます。

足場をヒアルロン酸で しっかりさせる⇒ヒアルロン酸

 

 

これまでシリーズで読んでいただいた方は 本当に全体をさらりと復習の内容になってしまいましたが

こんな感じで 各層でたるみ治療を行っていければよいですね。

 

 

最後に、カウンセリングでたるみの話を私がしだすと同時に すっと ナースさんが差し出してくれるようになった 頭蓋骨くんとのツーショットで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ企画 お付き合いありがとうございました~

 

 

 

 

 

KUMIKO CLINIC 医師
鈴木 るり子
プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

診療時間・住所

・診察時間

  • 休診日:水・日・祝
  • 診察時間:10:00〜18:00

・住所

  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-6-10
  • スクワール日比谷ビル8F/9F
  • TEL 0120-001-935
  • FAX 03-6206-6778