1. GLP-1痩身療法を開始して1か月の経過と変化(効果と副作用)
\Ƃ₢킹0120-001-935[ł̂₢킹
Vol.03
KUMIKO式医療痩身~目指せ6パックプロジェクト~

GLP-1痩身療法を開始して1か月の経過と変化(効果と副作用)

2022.5.1

今回はGLP-1痩身療法を開始して1ヶ月の経過とその効果についてです。減量のスピードは人それぞれ。体重が多い人ほど、初速は大きくそうでない人ほどゆっくりと減っていきます。そんな減量の様子をグラフでお示しつつ経過をみていきます。また薬剤を投与した後に出る一時的な症状(副作用)や薬剤を増やすタイミング等々お伝えしていきます。経過中はオンライン診療も用いながら減量の様子を伺い、投与量を指示していきました。

GLP-1を開始してみて、何か気になる症状はありますか?

さて、GLP-1痩身療法を開始しましたが調子はどんな感じですか?

そうですね、最初少しムカムカするかなぁと言う感じがあって胃が張る感じがしたんですが、2、3日で無くなりました。明らかに食べる量は減ってます!前は甘いのもが止められなかったり、脂っこいカロリーが高いものを仕事終わりの夜遅い時間に食べたりしていたのですが、そういうものへの欲求がだいぶ減りました。特に我慢しているという感覚もないですし、こんな風に効くのすごいですねぇ笑

最初は少し嘔気が出る方います。嘔吐する位の強い症状でしたら継続するのが難しいかもしれませんが、自然に消失するのであれば大丈夫です。最初は食欲抑制効果を強く感じますが、そのうちだんだん食べれるようになってきますよ。便秘はないですか?

便秘は少しある気もしますが、そんなに困る程ではないので大丈夫です。それよりだんだん食べれるようになってきたら体重減らなくなりませんか!?

大丈夫です!GLP-1は食抑制効果以外にも別の作用で体重を増えにくくする効果がありますので“前はこんなに食べてたら体重増えたのに”という量でも体重は増えないといった事があります。ただ減らなくなってくる時期もあるのでそのために体重のグラフを見ながら投与量を決めていきます。

確かに今で2週間位ですがだんだん食べれるようになって大丈夫かな?って思ってましたが、でもまぁ体重は減ってきているのであれば様子見て良いという事ですね

そうです。体重さえ減れば好きなものなんでも食べて大丈夫ですよ。食欲の程度によって投与量を変えると訳が分からなくなって必ず失敗しますので、グラフなど客観的な数値で評価していってください。ちょっとTさんのグラフ見てみましょうか。

グラフでTさんの経過を見ていきます

GLP-1痩身療法を開始して1週間後、2週間後、3週間後の経過をみていきましょう

〈1週間後〉

開始時の体重は90キロ。1週間で約1.4キロ減。

〈2週間後〉

2週間で2.6キロ減

〈3週間後〉

3週間で3.4キロ減

〈4週間〉

約1か月で3.85キロ減

この様にグラフはガタゴトしながらですが、約1か月間で4キロ近く減りました。体重は直線状に減っていく事はありません。日によって増えたり減ったりとその日食べた量や水分量で多少の増減はありますので一日のトレンドに一喜一憂せずに1週間単位で右肩下がりにトレンドが下がっていくかを見るようにしてください。

今まで何やっても減らなかった体重がこんなに簡単に落ちて驚いています。目標までもう少し頑張ります~

GLP-1痩身療法を始めて1か月で4キロ近く減りました。非常に順調な経過かと思います。冒頭でもお伝えしたように体重が多い方が減量のスピードは速く徐々に停滞していきます。GLP-1は導入する時期のアシストも大切ですが、維持期のサポートも同じように大切です。またこの様に毎日決まった時間に体重を測りレコーディングする行為は減量を成功させる上でマストです。自分の体重を頭で認識することで食べすぎを防いだりもう少し動かなきゃと修正しようとします。大きくズレてから修正するよりも小さなズレを修正する方が少しの努力で済みます。毎日体重をレコーディングする意義はそこです。次回は4キロ減った時点で体型がどの様に変化したか、見た目の変化をお伝えしていきます。

下島久美子(しもじま くみこ)先生

医師。金沢医科大卒業後、杏林大学第一内科に入局。都立広尾病院、美容系クリニック等を経て、2014年東京・日比谷にKUMIKO CLINIC(クミコクリニック)を開設。痩身治療をメインに美容皮膚科メニューを幅広く扱う。